キャップのカビ取りは当店にお任せ下さいませ!!



 

大切なキャップにカビが生えてしまった!!! ということで、ご依頼をいただきました。キャップは、頭皮に直接あたりますので、非常に汗を吸っております。ご着用後は必ず風通しの良い場所で管理をされること、そして定期的なクリーニングを行ってください。イベントやフェスで着用した場合は、即、クリーニングです。気づかないうちに黄ばみ・変色、そしてカビ発生などのリスクが生じます。

IMG_1838

IMG_1837

 

表面全体、及びツバ裏にカビと汗汚れがみられます。このような場合は、クリーニングと汗抜き加工、カビ取り加工(各税別610円)をご注文くださいませ。クリーニングだけでは取り除くことができない汗の汚れ、およびカビを落としてまいります。

※汗抜き加工は、汗の成分を取り除き、今後の黄ばみ防止に効果的な加工でございます。汗ジミ(皮脂のシミ等)を取り除く加工ではございません。

※カビにより、色素が食べられてしまい変色している場合は、復元することはできかねます。

※黄ばみがある場合は、通常クリーニングだけでは落とすことができかねます。オプションの特殊染み抜きをお勧めさせていただいておりますが、完全に取り除くことができない場合もございますので、ご了承くださいませ。

IMG_1836

 

職人によるクリーニング、および唯一無二の仕上げ

 

キャップの洗濯表示は、クリーニング(洗濯)不可となっております。ですが、クリーニングをしないというのは非常に不衛生です。日頃からキャップ、ハット等をご着用される場合は是非、定期的にクリーニングをされてください。

当店は、日々、様々なキャップ、ハット類をお預かりさせていただいておりますが、中でも、圧倒的なご依頼をいただくのが、New Eraのキャップです。

New Eraのシールが剥がれることなくキャップクリーニングを承っております。シールの価値を十分にわかっているからこそ、当店では当たり前の認識でございますが、『シールは絶対に剥がれてはいけない』というブランド価値を認識しているかどうか、ということはクリーニング店によって異なるようです。

IMG_1858

 

クリーニング業もファッション業界のひとつに属しております。古今東西の流行・ブランド、進化する科学繊維、クリーニング技術等、日々、勉強させていただいております。『いつまでも新品のようにお召いただけるように』という想いで、常に研究し、そして心を込めてクリーニングを承っております。

IMG_1859

 

できる限りの処理を施させていただきました。

IMG_1862

IMG_1863

 

いつまでも気持ちよくお召いただけるよう、最善を尽くさせていただいております。是非、当店へご依頼をいただけると幸いです。

IMG_1864


No. 2880

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!