素人でもできるエアカーテンの取り付け



お店と工場の間のドアの開け閉めが大変。でも夏場に開けっぱなしだと工場の熱気が入ってきてクーラーをつけていてもお店が全く涼しくならない。

ということで今回は工場併設の河口湖本店、国母店にエアカーテンを取り付けました。

種類は取り付けたい位置から床までの高さで選びます。

unnamed3

403は2.3m程だったのでPanasonicのエアカーテン<FY-25ESS1>を取り付けていきます。

1度工場側に付けたのですがエアカーテンは取り付けた側の空気を吸い、送風するので工場側に付けると熱風が出てしまいました。

取り付ける際は涼しいほうへ取り付けましょう。

まず取り付けたい位置に取付板をねじで固定します。

金属用ねじと木工用ねじがあるので取り付けたい壁に応じたねじを使用しましょう。電動ドライバーがあると簡単に取り付けることができます。

コンクリートにねじを埋め込む方法もありますがセメントを流し込んだりする必要があるので業者さんに頼んだほうが確実だと思います。

金属枠に取り付ける場合は付属のナット、ワッシャー、ボルトで固定します。

今回は木枠に取り付けるので木ねじを使用していきます。

unnamed2

次にエアカーテン本体から出ている赤・白・黒のコードにコンセントの差し込みプラグを結線します。

結線の仕方によって風の強弱が調整出来ます。

風が強すぎて遮断効果が弱くなることがあるのかPanasonicに問い合わせをしたところあまりないということなので強風の結線を行っていきます。

強風の場合コンセントの差し込みプラグに白・黒のコードを赤のコードは絶縁テープで保護します。

まず白・黒のコードは1.5㎝ほどハサミなどでチューブからむき出しにします。

差し込みプラグがねじで固定されているので外して開きます。

中に下の写真のようにねじが2つあるのでそこにチューブからむき出しにした銅線を固定します。白・黒のコードは左右どちらでも構いません。

unnamed

差し込みプラグをまたねじでしっかりと締めます。

最後に取付板に固定して終了です。

unnamed5

コンセントを差し込むと運転。抜くと停止します。

しかし差し込み忘れ、抜き忘れが多くなりそうなのでデジタルプログラムタイマーも取り付けました。

unnamed4

各曜日ごとに時間を指定して登録しておくだけで運転・停止を自動でしてくれるのでコンセントをさしっぱなしでも問題ありません。

今回はコンセントの差し込みプラグ⁽約100円、ホームセンターで購入⁾、デジタルプログラムタイマー⁽約1000円⁾だけで出来ました。

エアカーテンの取り付けを業者さんに頼むと1~2万円はするのでとてもお得です。

来年の夏涼しい403でお待ちしております。

No. 2824

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!