京セラフィロソフィ (3)正しい判断を行う為に。「利他の心を判断基準にする」「大胆さと細心さをあわせもつ」



11月の京セラフィロソフィ勉強会を行いました。

今回は、P 250〜

(3)正しい判断をする


スポンサーリンク

37.利他の心の心を判断基準にする

この項目には、【「相手のためになることなのかどうか」を考えて判断を下す】【大善の功徳と小善の罪】【利他の心で見ればもうけばなしの裏側まで見通せる】とあり、この一つ一つがとても重要である。

・「世のため、人のために」を本当の意味で理解していなければならない。

・利他の心で相手を幸せにする、相手を成長させる。

・人生はその場だけでなく、長い目で見れば踏み外すことはない。

手を差し伸べることが優しさではない。時には厳しく接することも必要で、その根底には愛情があり、且つ相手が将来的に成長出来るように接することが大切。

新人さんの研修をしていると、忙しい時や難しい対応の時に手を差し伸べ片付けてあげようをいう気持ちになるときもあります。(これは小善)

その瞬間は、新人さんにとっても助かったと思うかもしれませんが、後々研修が終わり一人で店頭に立っているときに、多い仕事量をこなせなかったり、難しい対応ができなかったりするとその時に困るのは、私自身でなく新人さんです。

やはり、目先のことだけを考えるのではなく、後々のことまで考え、本当に手を差し伸べるべきなのか、やらせてみて見守るべきなのかは言わずもがなかと思います。(これが大善)

本能的に考えて瞬時に判断すると大抵人は自分を守ろうと自分が優位になる判断を下します。それでは利己的な考えになるので、そうではなく、ワンクッション置いて相手も、自分自身も最良の状態になるよう判断することが大切だということです。

フィロソフィを正しく理解する上で注意を要するのが【  利他  】です。

これは何も人を甘やかすことではないのです。また相手のことを考えることで度が過ぎて自分が自滅しても意味がありません

本当に相手のことを考えた判断をすることです。相手が成長する、相手が幸せになる。そして自分も成長する、自分も幸せになることが利他だと思います。

403社長

 

大胆さと細心さをあわせもつ

ほとんどの人が 大胆さ だけなのではないでしょうか。

大胆さだけということは、「考えていない」ということ。

細心さが重要であり、細心さとは「考える」と言うことです。

「考える」ことが非常に大切で、肉体労働以上に大変なこと。=肉体労働以上に考え抜かなければならないということです。

 

大胆さと細心さを併せ持つ。大胆と細心のちょうど真ん中でもダメで、大胆と細心の両極端を兼ね備えなければなりません。

【両極端の能力を要求される中小企業経営者】

大胆さと細心さ、温情と冷酷、合理性と人間性の両極端を併せ持ち、かつそれを正確に機能させていかなければなりません。

温情さと冷酷は、“利他”の心で判断を。

稲盛塾長からの直接のご指導。
普段は常に細心な経営や人生をおくること。ただ時に大胆な行動をとりますが、直ぐにまた細心へ戻ること。経営も人生も常に慎重に行動すること。と稲盛塾長よりコンパの席で、ご指導をいただきました。

403社長

 

 

フィロソフィを聞いている人はごまんと居ますが、学んで実践している人は少なく、結果が出ない。

フィロソフィを学んでいる人=結果が出ている人

No. 2833

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!