グダグダにならず中身のあるコンパにするにはどうすればいいのか?



社長から社員あてに1通のメールが・・・

水曜日は、仕事をドンドン片付けて20時からsummer meeting。

場所と食事は用意しておきました。

みんなに気にしてほしいのは、いかにこの夏を悲観的に計画し、楽観的に実行するのかのプランをつくること。ノートや筆記用具が必要です。

司会は長根さん。ミーティングしてください。

お盆休みの登山クリーニングも力を合わせて頑張ってください。みんなからの報告を楽しみにしています。403社長

とのこと。

司会の長根さんは大変だなー、がんばって!と思っていたら、

長根さんから

コンパについてですが、グダグダにならず中身のあるコンパにするにはどのように進めていったらいいのでしょうか?
常務、ご指示ください。よろしくお願いします。

 

www 完全に他人事と思っていたら パスが回ってきました。 思いは実現するという。

 

ということでグダグダにならないコンパにするために考えをまとめました。

コンパというより、コンパの中で会議をするイメージでしょうか。


スポンサーリンク

コンパの目的に合わせた参加者

コンパの目的も様々だと思います。
新人さんの顔合わせから、受付業務の話し合い、他部署との交流など様々な目的でコンパが行われます。

例えば、夏から始まる登山クリーニングの段取りを目的にした場合に、当然登山クリーニングに主に携わる人でやったほうがいいです。
携わらない人も勉強になるからあえて参加させるのはいいですけど、その見識を広げるのが目的なのかよく考える必要があります。
乗り越えなければいけない登山クリーニングの戦略が練れないと本末転倒になります。

逆に新人さんの歓迎会などは一人でも多くの参加者を募るような会もあると思います。

目的に合った参加者を選ぶことが肝心かなと思っています。

進行役がコンパの進行をイメージできてるか。

運動会の反省とかは イメージしやすいですよね。

反省して、次に活かそう!みたいな。

resized_11

繁忙期の仕事について話そうとかだと 範囲が広すぎて何を話せばいいか分からないですよね。

繁忙期の仕事への意気込み・決起集会なのか

繁忙期の仕事の段取り→受付や工場によって違うし、去年の反省・出来なかったことへの改善について話すのか

まずは進行役がコンパでの進行をイメージできるまでしっくり来ていないと困っちゃいます。イメージできていないなら事前に周りの人に聞くなどしましょう。

参加者に目的とテーマを伝える。

新人さんの歓迎会ですよと伝えれば 普段おしゃべりな人がメインじゃなくて新人さんに話題を降ろうってみんななりますし、
議論するテーマがあれば事前に準備も出来ます。
気楽に参加するコンパも大切だと思いますが、その場合はリフレッシュが目的になっているわけです。
コンパの場で、いきなり 去年の段取りをとりあえずいってください。と即答できる人は少ないです。

カズさんにいきなり英語でホットドッグ2つ注文して!といっても ・・・・ ちゃんと2つ来るのことはレアですから。

P1040948

↓ 元ネタ


スポンサーリンク

参加者からテーマについて議論したいことを聞く。

参加者に目的とテーマを伝えながら、議論したい具体的なことを煮詰めていきます。

自分の気づいていないことに気付けることがあります。

コンパの時間、各議論の時間管理

食事を含めて長くても2.5時間、真剣に議論すればするほど集中力はそんなに持たないはずです。

平気で3時間も4時間もミーティングができるっていう人はそれはミーティングじゃなくて、雑談してるだけです。

ざっくりでいいので時間をきりましょう。

議論したい内容それぞれに持ち時間を決めましょう。

どうしても答えがでない課題が最初にでちゃうとそれでコンパが終わりますから、、、、
時間で区切って、次の議論に進めていくことも進行役の重要な役割ですよね。

議論の結果を共有

コンパで話し合った内容を議事録で書いて、共有しましょう。
決まったこと
解決したこと
今後やること いつ だれが
未解決 いつまでに だれが
会社の会議もそうですが、
みんなの時間を使うということで事前の段取りと、話し合った結果を出さないと何やってんのって怒られてしまいますよね。

進行役の人は責任重大です!

頑張ってください!

 

コンパについて興味のある方は、【稲盛流コンパ 最強組織をつくる究極の飲み会】の著書をお買い求めください。弊社の事例も詳細に掲載されております。
No. 2696

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!