小田原城のうんちくが学べる『小田原わんぱくらんど』



 

小田原城をモチーフにしたアスレチックがある『小田原わんぱくらんど』へ行ってきました!

広大な公園へ行く際、必ず事前チェックをすべきことがあります。駐車場の場所です!!!

だいたい第1~第4駐車場と数か所にわかれてある場合が多いと思います。駐車場の場所によって、目的地(アスレチックの場所)までの距離がかなり違ってくることが多いので、チェックが必要です!!

この教訓は、度々登場する昭和記念公園の経験からです。

昭和記念公園、子連れの場合は駐車場の場所に要注意!!!!

わんぱくらんどの全体図です。 小田原城アドベンチャーと冒険の丘が目的地です。この条件の下、絞られる駐車場は第4、または第2となります。どちらでも良さそうですが、第4駐車場は道を挟んで、公園へ陸橋を渡っていく必要があったため、公園内に併設する第2駐車場をチョイスしました。

WS000000

 

駐車料金は1日510円と調べておりましたが、なんと!2月28日まで平日限定、駐車料金無料~★

IMG_0619

 

さっそく公園へ! すると第2駐車場から公園はいってすぐにフォレストアドベンチャーなるもの発見。

IMG_0588

 

森の中をターザンのごとく滑車ですべったり、木の上にあるアスレチックでスカイウォークを楽しんだり、、、とわくわくいっぱいのアドベンチャーのようです。

IMG_0586

 

ただ、あいにくメンテナンスとのことでお休みでした。小学生以上であれば、子供から大人まで遊べるようです。自然を満喫できる体験、いつかチャレンジしてみたいと思います^^

IMG_0587

 

この丘を越えると小田原城アドベンチャーです。 すでにここからアドベンチャーが始まっていますが、、、

IMG_0589

 

丘を越えるとトイレがありました。トイレの水は再利用されているとのことで、分かりやすい掲示板あり。海に面する小田原ならではの工夫だなーと勉強させて頂きました。

IMG_0591

 

逆光になってしまったため、全体像が撮れませんでした。。。HPからの抜粋です。 ご覧の通り、まさに小田原城そのもの!

WS000001

 

アドベンチャーをクリアするには、まずのこ道しるべを確認してから。赤ルート、青ルート、緑ルートによって難易度がことなります。

IMG_0592

 

こどものための遊びの城!大人でも興奮しますよ。

IMG_0594

 

いざ、修行スタート。

IMG_0595

 

で、城を攻めていく度にうんちくボードがあるんです。

IMG_0596

 

全部把握したら、城博士になれること間違いなし。

IMG_0597

 

天守閣のうんちくがどうしても知りたくて、頑張ってのぼりましたよ笑

IMG_0599

 

そしてこの景色!絶景でした。

IMG_0600

 

で、ちょうど園内トレインが通貨! トーマス風w

IMG_0598

 

小田原城をクリアした後は、冒険の丘へ。レッツゴー! 冒険の旅ですから、行く道中も冒険が。。。 このつり橋を渡っていく必要があります。

IMG_0602

 

65mもあるんですよ、この橋。。。インディージョーンズを思わず思い出してしまいまして、途中でつり橋が切れるんじゃないかとか、突風で揺れるんじゃないかとか。。。

IMG_0603

 

どうにかたどり着きました。 ローラー滑り台があるではないですか~!わたしがたどり着いたころには、すでに隊長が滑ってました。。。

IMG_0605

 

すっかりローラー滑り台マイスターです。

IMG_0606

 

で、ここの目玉がこのトランポリン。 しかも凹凸トランポリンなんですよ!こっちが凸。 で奥が凹。

IMG_0607

 

結構これが滑るんです。 まさに蟻地獄でして、、、

IMG_0610

 

ひょいひょい飛び跳ねる隊長と違い、地獄に落ちていく次男。 笑いすぎて力が入らず、なかなか引き上げられませんでした。

IMG_0636

 

冒険の丘から下ったところに、こども列車のなかよし号がありました。未就学児は無料(保護者同伴必要)、小学生は100円、大人300円で乗車可能です。

IMG_0609

 

冒険の丘をのぼっていくと、ターザン広場へ到着します。

IMG_0615

 

ここにもちょっと長めのローラー滑り台!

IMG_0616

 

先ほどのアリ地獄で体力を使いきった彼。ハンモック代わりにして寝てました。

IMG_0618

 

公園全体が丘になっているので、ともかく移動するだけでもかなりの運動量です。わんぱくらんどのアクセスは抜群。小田原厚木道路 荻窪ICまで3分!  ICに着くまでには、爆睡している子供たちでした~

IMG_0620

 

 

No. 2549

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!