関東最大級の多摩動物公園を2時間で網羅する!



 

 

念願の多摩動物公園へいってきました~!実はこの日、相模原~八王子にあるいろいろな公園廻りをしてからの動物園ということもあって、午後3時に入場(笑)

IMG_0344

 

動物園の目の前に駐車場がありますが、ここは1200円かかります。200m程先とはなりますが、少し離れただけで500円の駐車場をみつけたので、ここに入りました。

IMG_0340

 

多摩動物公園前の交差点を503号へ入ったところです!

001

 

動物園の素晴らしさは、入場料がやすい!

IMG_0352

 

さぁ!動物めぐり、兼、山登りスタートです!多摩動物公園はなんといっても丘陵地につくられているため、動物をみるためには登っていくしかありません。 しかも敷地面積は、上野動物園のなんと4倍の広さがあるんです。園内にはシャトルバスが運行していましたが、しっかり地に足をつけて巡っていきます!!

 

動物園のHPにオススメコース(ゆっくりコースからガッツコースまで)紹介が5つありました。 全制覇すると、一万歩!!子供連れだと、たぶん途中で抱っこやおんぶになると思うので、かなりの運動量になりそうですね笑

WS000000

 

動物公園内はアジア園、アフリカ園、オーストラリア園、昆虫園4つで構成されています。 動物の生息地域ごとに区分けされていて、生物の生態についても勉強することができます。

 

時間も限られているので、ともかくメインどころをみよう!ととりあえずメインストリートをとおって、アジア園のインドサイ~アジアゾウを目指します。

サイ、機嫌があまりよろしくないのか、頭をガンガン壁にぶつけてまして、ちょっと怖かったのでそそくさと立ち去り、アジアゾウにたどり着きました。

IMG_0354

 

そしてトラのあいちゃん。 カッコイイと大絶賛。

IMG_0357

 

そしてアジア園の目玉は、オラウータンだそう。放飼場同士をタワーとワイヤーロープで結んである、オラウータンスカウォークがあります。全長150mと、世界最大級なんだそうです。

で、ワクワクしながらいってみると。。。。寝ているー!!毛むくじゃらのナニカとしかわかりませんでした。 きっと日中サービスしすぎて、もう疲れちゃったんでしょうね。

IMG_0356

 

ここまでまわるのに、すでに1時間経過しておりました。ともかくずっと登り道なんです。 少々息切れはしていますが、まだ元気なころ。 タスマニアデビルをみながら、なぜか惟くんがいっぱいいると話しながら、次はオーストラリア園へ向かいます。まずはコアラ館へ!!

 

あったかい。。。!! コアラ館、最高でした。モモンガやネズミも館にいました。

S__7454726

 

いました、コアラ!! コアラ、なんでも20時間ねるんですって。 もちろん、枝の間に体をうめて、夢の中でした。

S__7454725

 

オーストラリアといえば、コアラの次はカンガルーでしょう!

IMG_0362

 

飛び跳ねまわってはおらず、ノソノソと動いていて、ちび3人のほうがカンガルーっぽく飛び跳ねていました笑

IMG_0374

 

トナカイ、コウノトリ、ワシなどをみつつ、今度は下り坂にさしかかってきました。さぁ、向かうはアフリカ園。ライオン、キリンをみなければ、終われません!

・・・・・が、なんと、キリンは家屋の中にはいってしまっていてまったく、チラリともみることができず、そしてライオンは16時半までしかみることができないという結果に!!!!!

唯一であえたアフリカの動物は、アフリカゾウでした。ここのゾウは小屋の中からもみることができます。

S__7454723

 

ライオン・・・まさか時間が限られているとは、思いもしなかったです。残念! 最後は昆虫園をまわって正面玄関につくルートでしたが、さすがに子供たちも足取りがおもく、カブトムシよりも「売店でナニカぬいぐるみを見たい」という事態になってしまい、お互い励ましつつ、歩き続けました。

途中、使われなくなったシャトルバスの廃車がところどころおいてありまして、自由に乗ることができるようになっていました。乗り物好きの2人にとって、動物をみた、ということよりも一番面白かったのかもしれません笑

IMG_0377

 

かくして、17時閉園ギリギリには正面玄関に到着することができました。ライオン、キリン以外のダイジェスト版でも2時間かかりました。 ゆっくりみてまわろうとしたら、1日は絶対かかりますね。 多摩動物公園へ行くのであれば、のんびり散策&ピクニックをかねて、朝から行くことをオススメします!!

No. 2547

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!