ママでも出来た!100均の自転車パンク修理キットでパンク修理をする方法



穴の箇所が多数、または劣化のためにタイヤのチューブ丸ごと交換はこちらの記事を参考にしてください。こちらは1000円ほど。

 

サンタさんからもらった念願の自転車。 あちこち乗り回していたところ、ある朝『自転車のタイヤがペシャンコだ・・・』と息子が泣いていました。

原因はこれ!! どこで刺さってしまったのか。。。足に刺さらなくてよかったんですが、本人は青菜に塩状態。早急に修理する必要があります。

S__1171469

 

自転車屋さんにもっていくとおそらく1000円はするでしょう。ケチるわけではないですが、なんでも揃っている100均に修理キットがあると噂に聞き、早速いってきました!!

あった、ありました。売っているっていうことは、需要があって、素人でもできるってことですよね?? やってみよー

パンク修理

ネットでAmazonからも安く買えます。

 

裏面に取説あります。ともかく、チューブを引き出して、穴のあいた箇所にシールをはればOKということみたいです。

説明書

 

さぁ、息子の為に、人肌脱いでみましょう!!

セット内容の確認

キットの中には、①パッチ3枚、②タイヤレバーといわれる赤いかぎ状の細長いヘラ2本、③接着のり、④紙やすり、⑤虫ゴム2本、⑥保存袋があります。

②のヘラを使ってタイヤを外して、チューブを取り出して、①のパッチをバンソーコーのように、③のノリでつけるんだろうなー、、、とキットから想像できます。

ただ、⑤の虫ゴムって何だろう・・・?という疑問があるほどの素人がパンク修理にいざ挑戦です。

キット

 

タイヤからチューブを取りだす!!

なにはともあれ、やってみよう!まず黒いキャップをとって、説明書①にあるように、トップナットといわれる銀色のナットと、ブランシャーという栓を抜いて、ナットを外すことをしてみます。

59_1

 

これ、トップナットです。ちなみに平べったい面がある方が黒いキャップと接触する側 (笑) あとでわけがわからなくなるように、ともかく写真撮りまくりましたので、アップしておきます!

IMG_0061

 

こちらがブランジャー。で、虫ゴムってこれだ!!! スッキリしました。

62

 

ちなみに、この虫ゴム部分が劣化により、穴があいてパンクすることもあるみたいです。そのために、キットの中にはいっているんですねー。 何かに必要だからキットにはいっているんだけどさ……

ナットもとります。

IMG_0063

 

タイヤをヘラ(タイヤレバー)でホイールの外へ出す

 

ヘラ(タイヤレバー)を使っていきます。ヘラの平べったい方をホイールとタイヤの隙間に差し込みます。 ちょっと力いります。

IMG_0121

 

説明書②にあるように、テコの原理で、差し込んだヘラをホイールを軸にして、タイヤの端を外へ引き出します!

説明書③、④で、ヘラの鍵の方を車輪のスポーク(細い線のとこ)にひっかけて固定して、間隔をあけつつ2本使いでタイヤを外へ引っ張り出す!とあります。

IMG_0065

 

ただ、これ、説明書通りにしてみましたが、鍵部分がうまくひっかけられなくて。 結局、いちいちひっかけていくよりも、ヘラ1本でチャカチャカと、缶詰をオープナーで空けるような要領でやっていきました。。。

どうでしょう、いいかんじに外れてきました。

IMG_0066

 

67_1

 

画鋲の位置がわかっている、たぶんここに穴があいているよね、と目星をつけつつ、チューブを引っ張り出しました。

IMG_0069

 

で、目星をつけたところをみたら、、、あれ???

見た目はまったく無傷!!! え・・・・????

IMG_0068

 

穴がどこにあいているかわかりません!! 仕方なく、穴の位置を探します。

 


スポンサーリンク

穴の箇所を確認する方法

空気入れで、空気をいれ、空気漏れがある場所がすぐにわかればいいのですが、見た目では大体わかりません。

そこで、説明書⑥にあるように、バケツなどにいれた水の中にチューブを入れて、プクプクと気泡がでる個所を確認していきます。

 

まず、空気をいれるために、ブランジャーをつけて、、、

IMG_0071

 

ナットをしめます。

IMG_0072

 

空気入れで空気を入れていきます。

IMG_0073

 

本当、画鋲の位置には空いてません。。。では、バケツに漬けていきます。

IMG_0074

 

穴発見!!

 

画鋲が刺さっていた場所とほぼ反対側に穴ありました。。。なんでだろう。

と、ここまでが説明書の修理手順①の作業です。何とかここまでたどり着きました!!! いよいよ修理手順②です。

 

水滴や汚れをふき取ること

チューブが濡れてしまっているので、まず拭きます。で、穴の箇所を紙やすりで表面をこすっていきます。 なんでもざらざらにすることで、ノリがつきやすくなるとか。。。

IMG_0084

 

やすりとのり付けは、パッチよりも広めに!!!!!

で、やすりをかける範囲ですが、ポイントはパッチの大きさよりも広めにかけること!!!

パッチの端までぴったりとくっつかなければ、剥がれていってしまいます。なので、絶対にパッチの大きさよりも広めにやすりをかけてください。

87

 

やすりで色合いがかわっているのがわかるでしょうか。。。表面がざらざらします。

IMG_0086

 

つぎに接着のりをつけていきます。

IMG_0088

 

そんなに厚塗りしなくていいそうです。とりあえず、ひと押し。

IMG_0089

 

で、のり付けの範囲も、紙やすり同様、パッチよりも広めに!!

手順③にあるように、3分程度で乾きました!! 端っこを触ってみて、べたべたしなければok.

IMG_0090

 

銀色の紙をはがしていきます。 オレンジ色部分にさわらないように・・・

IMG_0091

 

いざ、接着。中央に穴がくるように。。。

IMG_0092

 

手順④では、ハンマーなどで叩いて付けるとありますが、こすってこすって張りつけました。

 

張りついたら、表面についている透明フィルムをはずします。

IMG_0096

 

さぁ。うまく張れたかチェックします!

IMG_0098

 

ん・・・・・・・・・・・

 

もう一枚張りましょう!!!  さっきと同じ要領で張ります。

IMG_0100

 

丸い形のパッチをつかってみました。

IMG_0101

 

2枚張り。

IMG_0105

 

最終チェックします!! バッチリ張れていますね^^やっとこさ、修理完了です。

IMG_0106

 

タイヤにチューブをはめる

さぁ、チューブを元通りにします。タイヤにはめていきます。

バブル(空気栓)からはめていく

チューブがずれないためには、バブル(空気栓)からはめていきましょう!!!

112

 

タイヤを押さえながら、バブルをさす穴へはめていきます。

IMG_0113

 

こんな感じになります。

IMG_0114

 

あとは、チューブをタイヤの中にはめていきます。で、ここ!!気をつけて下さい。 夢中になって作業をしていて、ふと、あれ。。。手を切ってるぞ。。。

116

 

ぐいぐい押しこんでいけば意外と簡単に入っていきました。

IMG_0118

 

修理個所も無事タイヤの中へ~~~

IMG_0119

 

完全にいれこみました。

IMG_0120

 

ホイールにタイヤをはめ込んでいく

あとはタイヤをはめ込んでいくのですが、、、手がよごれました。始めから軍手すればいいんですよね笑

ぐいぐいと押しこんでいきまして、最後のほうは、片手でタイヤを押しつぶしつつ、ヘラを使って押しこんで入れていきました。

IMG_0121

 

最後はナット、ブランジャー、黒いキャップをしめて、空気を入れてかんせ~い!!!!!

127

 

できましたよ、できました!! 息子の為に母頑張りました。虫ゴムがなにかもわかりました^^

 

さて、気になる所要時間は?

写真をとりつつだったということもありましたが、40分くらいでできました!!!!!!!!!!!!!

動画検索したら、12分くらいでやってしまうものもありましたが、虫ゴムを知らないママがしたには早くないでしょうか?笑

しかも穴2つあったし。穴2つめの修理はちゃちゃっと5分くらいでできたし!!!!

100円でばっちりこんなに修理が出来るなんてすばらしい!!

100均おそるべし!! 困った時は、ともかく100均!! つよい主婦の味方です。 ということで、以上、素人でも問題なく修理が出来ることがわかりました!!!

No. 2507

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!