家庭で作るおいしい博多水炊きのコツ



 

鍋の季節がやってきましたね!

今回は、わたしの故郷、福岡の水炊きをご家庭でも美味しく作るコツをご紹介させていただきます^^

水炊きといえば、あの白濁した鶏がらスープ!! お店で水炊きを食べる場合、出し汁が先付として出されます。それほど、水炊きを作る上で、一番重要なものです。

 

材料はシンプル!!余計なものは入れないで

 

いろいろな野菜を投入することができるのが、鍋の醍醐味ですが、水炊きはぜひシンプルに。

・ キャベツ、ネギ、白菜

・ 鶏もも肉

・ 鶏がら(だし汁用に。好きなだけ)

これだけです。 鶏もも肉は、骨付きがベストですが、食べやすさを考えると、骨付きでなくても大丈夫です。野菜はぜひキャベツを。 もつ鍋もそうですが、キャベツを入れることがミソです。白菜よりも断然合います。

IMG_1581

 

鶏がらスープのコツはたった2つ。アクをとる、味付けは塩だけ

 

だし汁を作っていきます。軽く鶏がらを洗い、沸騰した鍋に入れていきます。グツグツと煮込む時間が短縮されますので、鍋は圧力鍋が便利です。

塩、酒を少々入れていきます。

IMG_1580

 

出し汁作りのポイントは、こまめに、丁寧にアクをとってください!雑味がなくなり、すっきりとしたスープになるかどうかは、ここで決まります。

ある程度、アクをとったら圧力をかけてしっかりと煮込みます。作る量にもよりますが、1.5L分位の量であれば、20分は圧力をかけてください。

 

如何でしょうか。 綺麗な白湯スープ!!! 味付けは塩だけ。塩だけで十分、素晴らしいスープがつくれます。

IMG_1588

 

 

お店さながらの先付。 これだけでご飯が進みますw

IMG_1589

 

具材の準備です。鶏もも肉は、一口大にカットします。乱切りにする場合が多いのですが、好みで縦長に切っても食べやすいですよ。

IMG_1583

 

キャベツ、白菜はざく切りでOK。 ネギは斜めにカット。子供用に今回は鳥つくねも入れます。

IMG_1585

 

こんな感じで鍋にてんこ盛りにします。ここにスープを投入!

IMG_1586

 

グツグツ、いい鶏がらの香りが漂います。

IMG_1590

 

食べるときもシンプル。好みでポン酢、大人は柚子胡椒マスト

 

しっかりとダシがでていますので、そのまんま食べて十分です。まずは、鶏がらを楽しむために、そのまま召し上がってください。そして、そのあと、好みでポン酢をいれると、また味に変化があってたまりません。 かかせない薬味は、柚子胡椒!!! チューブで売ってあるので、絶対買い忘れないでください。

 

〆は絶対中華麺!!!

 

これは私のコダワリですが、雑炊ももちろん最高ですが、ラーメンには敵いません。 鶏がらラーメン、一度たべたらやみつきです。

ここでのコツは、市販の中華麺をゆでたものをいれて全く構いませんが、鍋用の乾麺(煮込みラーメンに入っているもの)が最適です。 煮込みラーメンで、余ってしまった乾麺があればこれを使ってください。

IMG_1587

 

そして最後のコツは「ごま油」を回しかけてください。芳しい香りが一気に立ち込めます。

IMG_1593

 

汗だくで食べてますw

IMG_1594

 

スープまで飲み干す!

IMG_1595

 

翌朝 嬉しい水炊き効果

 

コラーゲンたっぷりの水炊き。 お肌がプルプルになるのはもちろん、キャベツの食物繊維で朝からすっきりすること間違いなしです。 キャベツ1玉は余裕で消費しますよ。是非、ご家庭で作ってみてください^^

 

No. 2494

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!