UTY、YBS、山梨県、大学それぞれ主催の合同説明会の費用対効果は!?



山梨県就職支援課の篤です。

今日も有益な情報をライバル企業の皆さんに無料で公開しますよぉ。

先日、UTY、YBSの合同説明会に参加されている企業の人事の方、何名かと話をしてきました。零細企業の採用方法について403のノウハウを教えてということで、代わりに教えてもらった情報です。

「クリーニング403 説明会」の画像検索結果

さて、県内企業の約150社がUTY主催合同説明会(就活フェス)、YBS主催合同説明会(山日企業ガイダンス)、山梨県主催合同説明会、大学主催の4つの合同説明会のいずれかに参加しているはずです。

今回はその3つの合同説明会に参加することのメリット・デメリットを紹介します。


スポンサーリンク

合同説明会の費用

説明会には費用がかかる有料なものと無料なものがあります。UTY、YBSは1回の出店で約15万~20万かかります。

県や市、大学が主催のものは無料です。

参加条件

UTY、YBSは有料なのでお金さえ払えば参加することができます。

県主催、大学は応募数が多いと抽選になります。

今の時代は人手不足ということで、抽選漏れが多数起こりえます。

早い者順ということでもありません。

1回の集まる学生数

これが驚きなんですよ。

UTY、YBSはTV広告、新聞広告を打っていることと、1回20万もはらっているんだからね。すごく集まると思いきや、100名満たないことも。

「クリーニング403 説明会」の画像検索結果

つまり県主催の無料の合同説明会と人数変わらないんですね。

これは驚きでした。

なので、ブースに集まる学生は大手で20名前後、中堅で5~10名、無名で2,3名ってこともありえます。


スポンサーリンク

費用対効果は?

なので、無料だろうが有料だろうが1回あたりの出会える学生数は同じです。

ただし、県主催のものは抽選にもれる可能性もあるのと、回数も少ないです。また、開催時期がUTY、YBSと比べて遅いのも難点です。

なので採用するべき人数に応じて使い分けるべきです。

採用人数が1,2名なら県主催だけで十分です。まずは無料のブース出展で学生が集めれなければ、金払ったところで集まりませんからね。

合同説明会で5名ぐらいと安定して面談ができるようになれば1名ぐらいは年間を通して採用できます。

採用人数が5名を超えてくると有料の合同説明会に参加していかないと難しいです。1回の説明会で1名ぐらいを見つけれるぐらいの知名度を確立できればその回数分説明会に参加すればいいでしょう。

関連画像

403は採用人数が1名、2名ぐらいなので、ナビサイトも使ってませんし(2013年、2014年は使用したけど)、県主催のもので十分間に合っています。

中途の第2新卒の方との出会いも最近は増えてきており、うれしいです。

今は景気が良くて、学生を採用するのが非常に困難です。

困難な時にこそ、他社との差別化、学生に惚れられるような会社になれるように経営陣を含めて全社で取り組む必要があると思います。

 

No. 2365

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!