BALENCIAGA(バレンシアガ)のキャップの黄変抜きクリーニング



 

BALENCIAGAのキャップが集まりだしました。

今回は左は型崩れ直し、右は黄変抜きのご依頼をいただきました。

IMG_9180

 

BALENCIAGAのキャップは白で、最初は汗染みは目立たないのですが、目立たないからこそ、メンテナンスせずに黄変することになります。

黒いキャップは汗染みがすぐめだちますが、塩をふいた状態の汗染みは簡単にとれます。なのでキャップの色は一長一短ですね。

IMG_9181

 

 

形は非常にいい状態をキープしてつかわれていたようです。

BALENCIAGAの文字のところのハリのある感じから見てもわかります。

IMG_9182

 

 

後ろには謎の黒いシミも。こちらもきれいに取り除いていきます。

今回はプラチナコース+特シミで約3500円のクリーニング代金です。

6万円もするキャップが送料込みで4,5千円で使えるようになれば安いです。

しかし、本当はこうなる前に定期的にクリーニングに出したほうが安上がりですしもっときれいにキープできますよ。クリーニング代だけなら1000円もしません。

IMG_9183

 

 

裏側も黄変が激しいです。予算がありますので表側を重点的に、裏側は全体クリーニング時にできる限り落としていきます。

IMG_9186

 

大体40度ぐらいの温水にVショット(Yシャツ用洗剤)+塩素系漂白を少々。

白い帽子は乾いた後に黄色いシミが浮き出てきます。

よく体育館履きやスニーカーで履いていると黄色いシミがでてきますよね。あれと同じようなものです。

これは酢をいれると抑えられるので 酢も少しブレンドして漬け込みます。

IMG_9187

 

漂白入りの漬け込みは目を離さないこと。

色が抜け出す瞬間はいつも突然現れます。気づいた時には手遅れなケースが多いので漬け込み洗いはその場から離れたら絶対ダメ。

汚れを浮かすためにササラでもんであげます。

IMG_9190

 

すすぎを2回。手洗いしてあげて脱水したら、仕上げ機で10分。

IMG_9192

 

 

中に詰め物をいれて、アイロンでしあげます。

IMG_9193

 

BALENCIAGAのロゴの部分が縮むのでそこを戻すことを忘れずに行いましょう。

IMG_9194

 

こちらが仕上がり品です。全体的な黄変は目立たなくなりました。

IMG_9197

 

後ろの黒いシミもきれいに落ちて、お客様もご満足してくれてよかったです!

IMG_9198

 


No. 2348

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!