ハンコのインクまみれの白衣のクリーニング



 

ハンコの朱肉が白衣全体についたクリーニングです。

ハンコと一緒に洗ってしまったのかな。ともかく裏も表も全体的にインクだらけです。

今回は全体のインク落としとクリーニングで4000円ぐらい頂きました。

 

IMG_9089

 

手間はそれ以上ですが、もうそこはサービスです。

IMG_9090

 

 

油性ガンだけでは落ちません。サン京都の0,1番か松井化学のトリオとかでやってもなかなか落ちないので1つ1つを漂白+油性溶剤(0番か1番)+油性ガンでやれば落ちますが、1つに2分~3分かかるので、60か所ぐらいあると時間がかかりすぎます。

なので今回は時短ということで塩素系漂白に漬け込んでからの処理に変更します。

IMG_9091

 

塩素系漂白ってのはハイドロハイターのようなやつ。

IMG_9093

 

 

10分ぐらい漬け込み後、脱水だけします。すすぎません。

そうすると油性ガンだけでかなりシミが取れます。1か所10秒ぐらい。

IMG_9094

 

 

今回は白衣ということで生地もつよく、生地の色もしろなので塩素系漂白が使えました。

IMG_9097

 

 

20分ぐらいである程度綺麗になります。あとは水洗いですすいだで、乾燥。その後全体のインク汚れを落とすためにドライで2度洗いして完成です。

IMG_9098

 

 

ほとんど目立ちません。裏地までは中々やれないのでパッと見で目立つところは処理しました。

IMG_9099

 

ここまでやってあればOK.

クリーニング代より新品購入したほうがいい場合もありますが、仕事着などで単純に新品が買えないケースもあります。

IMG_9100

 

 

なので、そこは男気で、シミ抜きするってことで手間暇かけてここまでやりました。

IMG_9101

 

No. 2359

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!