Adsenseの収益を150%にする広告の配置場所 wordpress編



今回はHPの広告の効果的な配置について試行錯誤した結果をお伝えしたいと思います。

まず、このHPのプラットフォーム別収益の内訳をご覧ください。

WS000000

ハイエンドモバイル端末w → スマホ のことですね。スマホが75%、あとデスクトップと考えればいいです。タブレットもデクストップに近い表示ですからね。

詳細は規約により表示できませんが、配置方法を変えた後、収益は150%になりました。

WS000001


スポンサーリンク

スマホサイトのアドセンスの位置は見出しの上

スマホとデスクトップのアドセンスの構成を変えていましたが、結局は両方とも同じに落ち着きました。何か変更を加える場合でもスマホの収益が7割なのでそちらを優先しています。

よくあるタイトル下にアドセンスをおいて、その後コンテンツというパターン。

タイトル下のアドセンスは見ません。理由はサイトのコンテンツを見たいわけで、タイトル直後のアドセンスは効果的ではありません。

なので以下のようにタイトル、コンテンツ、アドセンス、見出しの順に配置するとよいでしょう。

さらに、すべての見出しにアドセンスを配置するとクドイのと、スマホのアドセンスの規約にスマホの画面に2個以上のアドセンスが出ることを禁止するというものがあります。

なので、見出し1つ目と4つ目、7つ目・・・と3つごとにアドセンスを配置すると効果的でした。なお昔は1ページに3つのアドセンスの配置という制約があったのですが、今は1ページにいくつでもアドセンスをはってよいことになりました。

WS000002

スマホのアドセンスのサイズはレスポンシブ

レスポンシブってやつがインパクト大でクリック率も高いです。スマホのほうではこの広告サイズで入れましょう。

具体的にはこんな感じですね。

WS000006

WS000007

フッターのアドセンスの配置場所もひと工夫します。

コンテンツ終わりの直後にアドセンスを配置するケースが多いですが、僕は直後に前後の記事案内を入れています。

ここは非常に難しい問題ですが、

①アドセンスをクリックしてサイトを離脱される

②次の記事へ進んでもらってサイトの回遊率を上げる

③アドセンスも次の記事へも進まず離脱される

③は避けたいです。理想としては②でサイトをたくさん見てもらって①してくれるのが理想です。といろいろ試して以下のような配置。

というのともう一つ理由があります。

Googleの規約のスマホ画面内に2つ以上のアドセンスが表示されてはならないというものです。

フッターの「アドセンス」との間に「次の記事」が入れば、コンテンツの量が少なくても「コンテンツ」の上のアドセンスと同時表示を避けれるからです。

WS000003

具体的にはこんな感じです。

WS000008


スポンサーリンク

デスクトップのアドセンスの配置

基本はスマホと同じ。

 

サイドバーに配置するサイトもありますが、クリック率が低いことと、

サイドバーを追従するプラグイン(Standard Widget Extensions)とかほとんど入れていると思いますが、”フローティング ボックス スクリプトに Google 広告を掲載すること”という規約に違反するので置けません。なので結果的にスマホと同じ配置になります。

 

function.php内に以下のようなコードで見出しごとに配置するようにできます。

function insert_adsense($the_content) {
$ad = <<< EOF
<div class="adsense-label">スポンサーリンク</div><script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script><ins class="adsbygoogle adsbygoogle1" style="display:inline-block;width:300px;height:250px" data-ad-client="ca-pub-********" data-ad-slot="********"></ins><script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
EOF;
$cate = get_the_category();
if(is_no_ad($cate)){
return $the_content;
}else{
if ( is_single() ) {
$h2 = '/^<h2.*?>.+?<\/h2>$/im';
if ( preg_match_all( $h2, $the_content, $h2s )) {
if ( $h2s[0] ) {
if ( $h2s[0][0] ) {//1番目のH2見出し手前に広告を挿入
$the_content = str_replace($h2s[0][0], $ad.$h2s[0][0], $the_content);
}
if ( $h2s[0][3] ) {//4番目のH2見出し手前に広告を挿入
$the_content = str_replace($h2s[0][3], $ad.$h2s[0][3], $the_content);
}
if ( $h2s[0][6] ) {//7番目のH2見出し手前に広告を挿入
$the_content = str_replace($h2s[0][6], $ad.$h2s[0][6], $the_content);
}
}
}
}
}
return $the_content;
}
add_action('the_content', 'insert_adsense');

詳しくはこちらを参考にどうぞ。

本文記事1、2、3番目のH2見出し手前にアドセンスを挿入するWordPressカスタマイズ方法

 

No. 2375

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!