クリーニングの仕上げの生産性を上げる5つの秘訣



クリーニング工場の生産性が上がらない悩める子羊のために、

生産性を上げる5つの秘訣を社長が話していたので書き下ろしました。

参考にして下さい。


スポンサーリンク

①嫌いなもの、時間のかかるものを後回しにしない。

遅い人ほど、仕上げに時間のかかるものや、苦手なものを後回しにします。

嫌いなものから先に仕上げる、そして得意なもの時間の読めるようなものを仕上げます。

時間のかかるものを先にすると、残り時間で 残りの得意なものが終わるスピードで仕上げればいいのです。先の計画が立てれます。

「テントクリーニング.com 若手 仕上げ」の画像検索結果

しかし、時間のかかるものを後回しにすると、仕上げにどれくらい時間のかかるものか分からないものや仕上げスピードが上げれないものが残り、どんどん予定終了時刻を押していきます。

仕事が遅い人は目標時間、終わらせるべき時間が分かっていなくて、自分のマイペースなスピードでどんどん作業時間を足して考えます。

一方、早い人は、この時間に終わらせるためにはこのスピードでやらなければならないと、割り算で考えます。(残り時間÷残り品物)

ソフトバンクの孫さんも同じことを東大受験の浪人をしていた弟さんに言っていたそうです。

「例えば、参考書が300ページあったとする。みんな1日3ページをやると決めて、だから終わるのに100日かかると考える。だからお前は受からないんだよ。参考書を何日で終わらせなければいけないかをまず考えるべきで、50日で終わらせたいなら、1日6ページやらなければならない。計画とは足し算ではなくて、割り算で考えるものだ」

弟さんはこの話を聞いてその通りに勉強をしたら、東大の受験勉強が半年で終わってしまって無事合格したそうです。

先が読めない嫌いなものを後回しにする人は無計画ということですね。

②好き嫌いを作らない。

たとえ話ですが、宿題をやるのが嫌で嫌でしょうがない。

結局やるのですが、嫌だなー、やりたくないなー、いつやろうかなーって割とやる前の悩んでいる時間のほうがおおかったり・・・。

スラックスであれば、綿パン、汗抜き、ヒダスカート

上着ならトレンチ、

Yシャツなら身ごろの縮んだ品物。

嫌いを作らないためにはどうすればいいのか。

割と時間がかかるものを嫌う傾向があります。

cleaning  土日祝日も即日特急ができるのはクリーニング403! %tag

例えばスラックスであれば、紳士のスラックスなら45秒、ヒダスカートなら2分はかかるわけです。

だから、ヒダスカートは2分かけていい品物であることを理解していない人が多いです。

時間がかかる品物はあるわけです。

だから、単純にスラックス45秒とヒダスカート2分の45秒と2分を比較するのはおかしいのです。

ヒダスカートならいかに2分で終わらせるのかを狙うというような考え方をすれば時間のかかる商品だから嫌いということはなくなるはずです。

受付でいえば、綺麗な品物と毛だからけのダッフルコートの検品時間はかかる時間がそれぞれ異なるのと同じ。

③いかに機械に仕事をさせるのか

Yシャツを例にすると、いかに機械に仕事をさせ続けるのか、機械が動いていない時間をいかに短くするのかが生産性を上げるポイントです。

機械がフル稼働している状態がもっとも生産性の高い状態です。逆にシーンとしている状態があればあるほど生産性は悪いです。なので機械が動いている音を聞くだけで、だいたいのその人の生産性は分かります。ほぼ誤差なく分かります。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e6%83%85%e5%a0%b1  Yシャツ仕上げの変幻自在のトリックスターがきたよ。 %tag

なので、いかに機械が動いている状態を作り出すかを意識して作業するだけで自然と高生産になります。

スラックスでいえば、パンツトッパーとプレス機の稼働率です。 


スポンサーリンク

④アイロンでこねくり回さない。

アイロンをやたらかけたくてしょうがない症候群の人は要注意。

余計にしわをつくる。時間はかかるといいことなし。

シワになっていないところにアイロンをかけない。

アイロンを一生懸命かけることが仕事だと勘違いしている人がいます。

アイロンも機械も品物を綺麗にするための手段に過ぎないのです。

アイロンをかける作業自体に価値がある訳でないことを知りましょう。

⑤以上の言われたことを後はやるかやらないか。

ここまでのことを言ってすぐに生産性が倍以上になる人とならない人の2パターンです。

アドバイスをしてその通りにやるかやらないかの違いなんですが、

ここが一番重要です。

せっかくアドバイスしても、自己流を貫き変化しないで悩み続ける人がいます。

最後はやるか やらないか です。

ひとりでも実践してみて、自分の仕事に誇りが持てるようになる人が増えることを祈っております。

 

No. 2210

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!