従業員研修で、ドラマで話題の「嫌われる勇気」の感想文



この青いパッケージの本に恐怖を覚える人もいるかもしれません。

1年以上も前に、いい本だなーってことで 何冊かこの本を購入して、従業員に読んで感想文を書いて、議論しましょうという とてもありがた迷惑な研修をやったことがありました。

study  クリーニング403フィロソフィ 『利他の心を判断基準にする』 %tag

 

僕もそんな黒歴史を忘れていたときに、従業員さんがドラマで「嫌われる勇気」を放送していますよと教えてくださったので、これを機会にどんな話だったか思い出そうと思って執筆致します。

 

ドラマはフジテレビで香里奈さんが出ています。木曜10時~

嫌われる勇気 - オフィシャルサイト。2017年1月12日木曜よる10時スタート。

 

私、ドラマ見てないですが、アドラー心理学とは違う解釈を広めているってことで抗議・放送中止を求められているみたいですね。

フジのドラマは「感じたまま言葉に出せるのが勇気」
アドラー心理学「そんな独りよがりのものじゃない」

それは抗議されるだろ・・・(笑)

 


スポンサーリンク

タイトルの意味は、人から嫌われても構わないという意味ではない。嫌われる勇気の意味は?

自由を行使したければ、そこにはコストが伴います。そして対人関係における自由のコストとは、他者から嫌われることなのです 。と言っています。

つまり、嫌われていいですよではなくて、自由を選択する勇気を持ちましょうということです。

すべての悩み・課題は人間関係から生まれる。

劣等感や悩みのすべてはこの世の中に自分ひとりしかいなければ発生しないと言っています。

他人がいるから、人と比べて自分は劣っていると悩んだりします。

なので人間関係を良好に保つための生き方をすれば悩みは解消され幸福な人生を歩めるといっています。

また、劣等感を持つことは誰でも正常だと言っています。

ただし、劣等感を言い訳に使ってはいけないとしています。

「劣等感コンプレックス」「人生のウソ」と説明しています。

本当にできないのではなく、やりたくないからその言い訳に私は○○だからというものを使っているに過ぎないのです。

赤面症で悩む患者が「赤面してしまうから、告白できない」→「告白して嫌われたらいやなので告白したくないから、赤面になっている」というのです。

 

馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲ますことが出来ない。

イギリスのことわざですが、馬が水を飲むかどうかは馬次第なので、人は他人に対して機会を与えることはできるが、それを実行するかどうかは本人の気持ち次第であるという意味です。

自分の子供が全然勉強しないとき、塾に通わせたり、罰を与えたりして勉強をさせてはいけない。と言っています。勉強しなくて最終的に困るのは子供本人なので、勉強するということは子供課題であって親の課題ではありません。

これを課題の分離といいます。 

親が「あなたのため」といいながら、自らの支配欲や世間体という目的があって子供に勉強や部活させようとすると、子供はその欺瞞を察知して反発すると説明しています。

他者の課題に踏み込まないことが人間関係をうまくするコツだと言っています。

しかし、勘違いしてはならないのは放任することではないということ。

これはあなたの課題であるということを伝えた上で、一生懸命サポートする。

くどいですが、最終的に勉強するかどうかを決めるのは子供自身であるということ。 

などなどいろいろと勉強になることが書かれています。

人それぞれ 心に残るフレーズは違うとは思いますが、是非一読してみては如何でしょうか。

No. 2168

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!