2017年製のテント新製品を職人たちとチェックしました。



 

昨年12月、コールマンのタフドームが「第9回ペアレンティングアワード」を受賞しましたね!!

ペアレンティングアワードという賞は、「子育てに関するトレンド」を表彰するものでして、

ファミリーキャンプの代名詞として表彰されたといっても過言ではない、ベストセラーだと言えます。

では、今年のトレンドはどうなるか、テントに携わる者としてとても興味がわいております。

 

新たにキャンプを始める若いファミリーや、友人同士等をターゲットにして、斬新なデザイン、かつ

設営も簡単なものがでるのでは?

すでにチェック済みのキャンパー様が多いと思いますが、今年の新製品をチェックしてみました。

 

2017年4月発売予定 スノーピークより新ライン 「 Pro. Air 」 4製品が登場

①Var Pro. air 4

(写真:スノーピークHPより)

 

Air ということで、新ラインは、流線形のデザイン!

雨にも強く、そして風を受け流すようなデザインで、インナーテントが吊り下げ式となっているため、

はずしてシェルターとしても使えるそうです。

ドックドームPro.6が基本形になっているような気が個人的にはします。

 

Pro.シリーズは、重厚感があって、敷居が高いイメージ(お値段も)ですが、この「Pro. air」は、

快適性を維持し、かつ軽さを追求している” 新ラインなので、スタンダードラインで慣れてきた

ファミリー層に「ついにPro買っちゃった ( *´ސު`*)!!」 とワクワクしそうですね。

お値段は158,000(税別)。

 

②MORG Pro. air

(写真:スノーピークHPより)

 

こちらは、シェルターで、タシークの天井を低くした感じ?という第一印象でした

(タシークもProシリーズでるのかな?)。

出入口を高くし、中央部分を低くすることで、人の出入りをスムーズに、かつ雨風を

受け流すつくりだそうです。

こちらももちろん流線形ですね。 サイドドアが開くつくりになっているそうなので、

出入りはしやすそうです!!

前後よりも、中央部分が低くなることで、流線形デザインが出来ていると思いますが、

個人的には、実際、くぐりやすいのかな?と、早く現物にお目にかかりたくて仕方ありません。

ちなみに、耳より情報ですが、こちらは「シールドルーフ」が標準装備だそうです!!!!!!!!

 

そして残り2製品ですが、まず「HEXA Pro. air L」と「FAL Pro. air」が登場予定です。

HEXA Pro.airは、上述のモーグやヴァールと併用可となっています。

気になるのが、FALの新ラインへの移行。

既存のFALは“設営時間20秒のシンプル構造の山岳テント”として人気を博していましたが、

再び山岳テントブームがやってきそうですね。

スペックを従来品と比較してみましたが、いずれのFAL2, FAL3, FAL4 とも材質は

変わっていないようです。

 

ノルディスク レイサ6が人気!!

 

ノルディスクといえば、アスガルドやアルフェイムがすぐイメージされますが、

ここのところ、レイサ6をお預かりさせて頂くことがしばしばです(写真右下)。

ドームテント、かつ斬新なデザインをもつレイサ。

スノーピークのPro.airが流線形ですが、この先がけこそ、レイサではないでしょうか?

 

ご依頼頂いたキャンパー様からも、レイサの魅力を教えて頂くことが度々ありますが、

リビング+インナールーム×2という居住空間がありつつ、窮屈さを感じさせない優れもの

だそうです。 お値段はおよそ128,000円(税別)。

コットンタイプに続いて、今年は、レイサブームがやってきそうです。

 

2017年春入荷予定 キャンパルジャパン(小川キャンパル) 2人用ドームテントHOZ

(写真:キャンパルジャパンHPより)

 

ドームテントとして、キャンパルジャパンより、HOZが登場予定だそうです。

コンパクト、軽量で、外観は6角形ですが、インナーテントが変形デザインのようです。

ミネルバのようなグリーンは、100年を誇る小川ブランドならではの味わいを感じます。

 

 

少しではありますが、新製品のご紹介でした。

現物とお会いできることを楽しみにしています!!!

 

 


No. 2165

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!