コットンテントの仕上げの様子



 

 

冬の間は、コットンテントをご依頼頂く比率が高くなります。

個人的なイメージとして、雪の中のキャンプ=コットンテント、というものが

ありますが、本当にありがたいことに毎日、コットンテントの入荷があります。

 

仕上げの様子をまとめてみましたので、ご紹介させて頂きます!

いずれも早朝5時頃です(夏でも冬でも、年中テントの仕上げは5時です)。

 

 

 

こちらはノルディスクのバナヘイムです。

流石にバナヘイム級は職人総出で仕上げております。

 

 

キャンバスキャンプ・シブレーも、400よりも最近では500をご依頼頂くことが多いです。

大人数でキャンプを楽しまれる方が増えている傾向でしょうか。

 

どんなに大型のお品物でも同じ工程で、細部にわたり、熟練職人が仕上げさせて頂いております。

 

だんだんと体が温まりますと、氷点下6度の中でも、時に半袖になることもしばしば!!

それだけ、仕上げは体力を使う工程です。

 

 

最後は、仕上がり状態を確認しつつ、想いをこめて畳みこみをさせて頂いております。

 

 

6時頃に、完成です!!

職人の毎朝の様子でした^^


No. 2167

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!