新卒になる君へ



今年も内定者アルバイトがはじまりました。

採用に関わる人間は、

いい人を採用する。

いい人に育てる。

 

の2つが主な仕事なんですが、

類は友呼ぶ、自分の器以上の人は採用できない。育てられない。

ということで採用する人の器・人間性で決まります。

recruit  クリーニング403 2013年新卒者 会社説明会を行ないました %tag

なかなか凡人の目には天下の逸材を見極めることが難しいと痛感します。

そんな凡人なりにも人生の先輩として新卒になる君にいくつかアドバイスをしてみたいと思います。


スポンサーリンク

学生→社会人の2つの違い

さて、新卒になる君へということで、新卒の人は社会人になるということで今までの生活から180度景色がかわるんですね。

3月31日から4月1日になった瞬間に社会人、様々なギャップが新卒になる君を悩ませているんだろうと思うんです。

新卒くんは、パート・アルバイト、学生アルバイトよりもこのギャップが大きいんだと思うのです。

なぜなら、パートさんなら仕事を始めても家庭が、学生アルバイトなら学業がメインですが、新卒くんは仕事がメインになるので影響具合が大きいからです。

そのギャップの消化不良で仕事が続けられない人が出てきてしまうのです。

事前にその様々なギャップを知って社会人になる前に心の準備を始めましょう。

①学生はお金を払っているからお客さん扱い→社会人はお客さん扱いされない

大学生って国立なら200万、私立なら500万円払って学生をやるわけですよね。

学生本人、もしくはその両親が大金を払っているわけですから、学生は学校からしたらお客さんなんですね。当然その授業料に見合ったサービスを学生に提供する義務があります。

勉強を教えたり、綺麗なキャンパスを整備したり、就職支援をします。

学生が何百万も払ってよかったって言ってもらわないと大学も存続できません。

しかし、社会人はどうでしょうか?

 

今までのように黙っていても親や学校の先生が手取り足取り丁寧に教えてくれるものだと思っていて、いつまでもお客さん気分が抜けない人がいます。

そう思うのも仕方ないんですね。

大学だって自分でお金を払っていたわけではなくてご両親が払ってきたから自分がお客さんという意識すらなくて社会は自分にいろいろとしてくれるところだと錯覚して生きているから。

 

社会人ってのは、今まであなたにいろいろ与えてくれた学校の先生の立場になることなんです。

②成果を求められない学生→給与に見合った成果を求められる社会人

学生のときにテストの結果や部活動の結果を求められることがありますが、シビアに求められた学生はほんの一握りじゃないでしょうか。そりゃ赤点もらったら怒られるけどそれ以外怒られることはないはずです。

未経験で未熟な精神で多くのことを教わらないと社会人になることはできないわけですが、お給料に見合う仕事を当然期待されます。

それが会社からだけではなくて働く同僚からもそういう目で見られてしまうのですね。

特にパート・アルバイトさんと社員が一緒に働くような職場でよく聞くフレーズ

○○さんは社員だからね」 誰も悪気はないのですが、自分の仕事っぷりと期待値にギャップがあるとプレッシャーになるフレーズのようですね。

会社勤めは結婚と同じ、結婚する前の理想通りなわけない。大事なのは歩み寄り。

就活でいろいろ吟味した上で決めた職場だと思います。

そりゃあ、実際に働いてみれば理想と違う部分はあると思います。

会社としてはそんな新卒の君が思い描くような理想な職場に近づけるように努力しているだろうし、

新卒の君もそういう理想の職場に近づくように一員としてがんばってみたらどうだろうか?

それでも辞めたいと思った時はすぐに辞めよう!  

辞めたい事情はそれぞれ、辞めたいと思ったら辞めよう!

 

でも、辞めるのを考え直したほうがいい2つのタイプの人がいます。

1.人に迷惑をかえて辞めていく人

・電話やメール1本で「明日からいきませんから!それが会社にとって一番困る方法だからやるんです!」

・貸しているマニュアルや制服を返却せず盗んでしまう人などなど・・・(笑)

漫画かアニメの世界だけで、実際にそんな非常識な人いるのかな?って思っていたのですが、いるんですね。僕も何度も経験しています。

そもそも、そこまで人に嫌われるようなこと、憎まれるようなことを会社や上司がしてきたのではないかと僕自身は反省してそうならないように会社をよくしていくきっかけを与えてくれているので感謝しているのですが、これ辞めた本人にとっても何にもプラスにならないと思うのです。

その本人が一緒に働いていた仲間や会社を見るたびに後ろめたい気分になると思います。

たまに、そんな辞め方をしても平然と冠婚葬祭の席で出てきては、ペラペラ話している人もいますが、周りは非常識な人だと思われています。本当になんでもう少し自分の人生を大切にしないのかが分かりません。

もったいないなーっていつも思っています。

2.なんとなく辞めたいけど正当な理由を探している人

例えば親や友達に辞めることを相談するとします。

相談する相手を選んでいるのはアナタ自身。だから、自分の都合のいいような答えを返してくれる人を自然と探しています。

同様に、インターネットや本で 「入社1か月 辞めたい」 と検索している人は もう辞めたいのです。辞める正当な理由を探しているだけなのです。

 新卒採用 %tag

私がなぜこのようなタイプの人は安易に辞めるのを考え直したほうがいいのかというと、

その人はたぶん次の職場でも、その次の職場でも桃源郷を追い求めて何も残らない人になっちゃうじゃないかなーって思うから。

 

多くの人を見てきまして、こういうタイプの人は人から大事にされない、感謝されない、お客さんからの信頼も少ない傾向があります。

もう少し腰を据えて、信頼を積み重ねる生き方ができるようになるまで学んだほうがいいと思います。

 

ちょっと脱線しますが

 

ある大学教授の人が、

教え子の学生たちはなぜか試験日になると「身内の不幸」が発生する確率が、通常時の50倍にもなるという研究結果を発表しました。

学生からしてみれば自分一人ぐらいウソついてもばれないだろうと思うのですが、先生の立場からしたら丸わかりですよね。

 

これは職場でも当てはまるんですね。

クレームをよく起こす人や、職場でうまくいっていない人も 同じような現象が起こります。

 

もうこちらから見ると、その人の人生がずっこけるのが分かるんですね。

だから、稲盛塾長の本を読んだり、教えているのですが 99%の人は残念ながら変わらないんです。

 

人は、去り際、死に際に、それまで何をして来たかが現れるもの

と言いますよね。

自分が辞めるときに送別会を開いてくれたり、

 

はたまた、離職後に元上司や元同僚が平日(うち木曜日定休なので)に結婚式に来てくれたりするかどうか。

※自分のことで恐縮で、自分がまともに働けたかどうかは棚にあげます。これは本当に今でも感謝して致します。

 

最初に人事の仕事で

いい人を採用する

いい人に育てる

と言いましたが、いい人に育てるというのは99%は失敗に終わります。

それでも教え続けるのは縁あって、出会って、結婚したなら

あとは男の責任といいますか、覚悟の問題ですよね。

「あれ、なんか違ったかも じゃあね」って人事が言ってたら人として全然ダメですよね。  

新卒になる君へ

まだろくに働いたこともない。期待や不安があって当たり前です。

ただ、先人の知恵といいますか、少しでも人生長く生きている人のアドバイスに耳を傾けてもらいたいです。

新卒になる君が、先輩になる君になって成長していくことを心から祈っております。

 

 

No. 2140

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!