振袖・着物のメンテナンス方法と気になるクリーニング頻度について解説!



新成人の皆様。

ご成人おめでとうございます。

 

今年も成人式の時期がやってきました。

レンタル振袖が多い中、大学の卒業式も着たいということで、成人式のときに振袖を購入するご家庭もあるかと思います。

購入するとクリーニング1回無料などの特典が付いてくるところも多いです。

そこで問題は成人式で使った振袖をどのようにメンテナンスしていけばよいのか?

そんな疑問に答えていきます。


スポンサーリンク

成人式で着用した振袖のメンテナンス方法は?

着物は着たら毎回クリーニングする必要ありません。

一度や、二度で目立つようなシミが付く事も少ないからです。

 

ただ、着た後すぐにしまえばいいと言う事でもありません。

1日着た着物は、からだから出た蒸気を含んでいるため

着た後は必ず着物用のハンガー等に吊るし、半日から1日

風通しの良い所で陰干しをして、蒸気を飛ばしましょう。

 

干した後は、正しい着物の畳み方で

購入時や、クリーニングの後の包装のたとう紙に入れて保管しましょう。

振袖の畳み方。(イラストにしてみました)

 

ただし、長襦袢(じゅばん)などはあらったほうがいいです。

着物の下に着ていたモノなので、着物よりも格段に汗を吸っています。。

寒い1月だから大丈夫だと思っていても、汗をかいてます。。

この汗を放って、2年後の卒業式まで保管しておくと、、黄ばむ可能性アリ。

 

403なら振袖の長襦袢は、4,600円。黄ばんでしまう前にクリーニングを!

半襟も洗えるので一緒にだしておきましょう。

縫い付けてあるものに関しては、付いたままクリーニングOK。

ちなみに、半襟単品は490円

 

は、着物や襦袢程クリーニングの必要はありません。

こちらも、ご着用後は半日ほど風通しの良いところで干してから

仕舞えば、ノープロブレム。

 

もちろん振袖と帯も、汚れやシワが気になるときは

クリーニンングに出しましょう。

振袖:12,600円

帯:4,800円

 

着物・帯はプレス(仕上げのみ)クリーニングをお願いしよう。

着物を綺麗に畳んでそっと置いておけばあれば、ノープロブレムですが、

移動したとき等に、たとう紙の中でずれてシワができてしまったり、

綺麗に畳んだつもりが、思わぬところがシワになってしまっていたりと

事件は突然にやってきます。。

そんな時!着物はプレスのみが可能なので、

それを叶えてくれるクリーニング店におねがいしよう。

もちろん403は出来ます!!

クリーニング代金の半値で致します。

振袖プレスのみ:6,300円(クリーニング:12,600円)

帯プレスのみ:2,400円(クリーニング:4,800円め)

 

着物は着用予定日の1か月前には必ずチェック

なぜ1か月かというと、もし黄ばみやシミが付いている事に気づき

困った!となり、クリーニング出すと、仕上がりまで1か月掛かるからです。

前もって、確認をお忘れなく!!

 

あと、先ほど紹介した着物ハンガーにつるしておけばシワが目立たなくなります。

やっぱりそれでも気になるということであれば、クリーニング店に仕上げだけをお願いしましょう。

 

また、急に必要になる喪服。

どうしてもクリーニングしてから着たい!というときは

403国母店へ!

留袖・着物も即日クリーニングします。

着物クリーニングの特急も承っております、

是非ご相談下さいませ。


スポンサーリンク

シミを作ってしまう前に撥水加工を

着物や帯にも、とってもおすすめの超撥水加工。

雨や雪、食べこぼし、飲みこぼしから着物を守ります!

ご着用する前に、撥水加工を施しておくだけで

汚れ防止になり、後々のメンテナンスも少なく済んで一石二鳥!!

振袖 撥水加工:2,800円

帯 撥水加工:2,800円

 

大切なお着物を正しくメンテナンスして

いつまでも綺麗な状態を保ちましょう。

No. 2130

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!