ハイエーズのオイル・オイルフィルター交換時期と交換方法と費用



ハイエースのディーゼルエンジンを乗っています。商用車なので2ヵ月に1度ぐらいのペースでオイル交換をしています。

1日の走行距離は100㎞で毎日走行しています。

アップダウンがある山梨県での走行なので商用車としては標準的な走り方をしていると思います。

オイルは、エンジンの潤滑油の役割で、オイル交換と呼ばれているぐらいなので、使用しているとオイルが汚れて洗浄効果が薄れてきます。そうするとエンジンに負担がかかってきて最悪エンジンが壊れてしまいます。

さらに最悪なのはまったくオイル交換をしないと、オイルがなくなってきて、メーター内の魔法のランプみたいなところが赤く点灯します。ただでさえオイルを交換しなくてはならないのに、ほぼなくなっている状態というのはすでにエンジンに致命的な負担をかけていることになります。

なので定期的にメンテナンスをしましょう。 

オイル交換の時期とオイルフィルター・エレメント交換の時期

今まで、ハイエースを15年前から乗り潰していて、今の200系で5台目となります。

特に、1号車、2号車はともに40万キロ越えを達成!したぐらいです。

1号車 436.744km

2号車 490.599km

クリーニング403で 16年間 に渡り活躍してくれた 「集配車1号車・2号車」 が その役目を終わり引退することになりました 長年、クリーニングの品物を店舗へ、 そしてお客様へと

news  クリーニング403 「集配車1号車・2号車」 が引退します。 %tag

news  クリーニング403 「集配車1号車・2号車」 が引退します。 %tag

 

いろいろ交換時期を試してきましたが、オイル交換は5000キロごとに交換してきました。

また、オイルフィルターとオイルエレメント これは同じものを表しているんですが、ここではオイルフィルターと呼びますが、これはオイルの汚れを取るフィルターの役割で、これも定期的に変えないといけないです。

そのフィルターは10000キロごとに交換してきました。

賛否両論あると思いますが、50万キロ近く走ってきた実績があります。これが一番じゃないかなって思います。

 

あと、自分がいつオイル交換をしたのか忘れてしまったら、運転席のドアをあけて運転席側面にだいたいシールが貼ってあり走行距離何キロのときにいつ交換したか貼ってあるのでそこをみれば分かるはずです。


スポンサーリンク

オイル交換・オイルフィルターの方法 と費用

 

一番簡単なのがカーショップでの交換です。

時間は30分前後です。

費用はオイル交換で工賃含めて7000円前後、フィルター交換を含めると1500円前後の費用となります。

それなりの費用になります。

 

 

オイル交換、フィルター交換を自分でやる

オイル交換、フィルター交換を自分でやる方法もあります。

簡単にいうと、オイルが入っているタンクがありまして、オイルの上抜きと、下抜きの2種類があります。

上抜きとはポンプをタンクにつっこんで抜く方法で、ジャッキアップなどの必要がなくて時間が短く行えます。カーショップはほとんどこの方法です。

下抜きとはジャッキアップしてタンクの下の蓋をあけて抜く方法で、上抜きとくらべてポンプを必要とせず抜けることと、廃液を残さず抜けることがメリットですが、蓋が緩んでいてオイル漏れなどのリスクがありますから、上抜きが私は簡単でオススメです。

 

必要なものは、オイルです。ハイエースのディーゼルエンジンにあったオイルはDL-1というのがいいです。

一回に必要な量は6.5L、ほぼ3回分で10000円ですから、自分でやると3500円、カーショップに任せる半値で出来ますね。

オイルはディーゼル用など種類がありますので安易に安いのだからと買わないようにね。

 

オイルフィルター・エレメントは1000円で買える!安いなー。オイルフィルターの規格や型番はこちらを参照してください。僕の場合は2015年以降の200系4型はこれでいいです。

このカップは再利用可能で、中のフィルターだけも売っています。そこいって1000円か、700円の違いなので、手が汚れるのが嫌なのでカップ付でいつも買っています。丸ごと交換して終わりで簡単です。

 

オイルフィルターを取り付ける工具が必要で、オイルフィルターレンチというものも購入しましょう。

 

上抜き用のポンプです。

オイルチェンジャーと呼ばれるのですが、これも4000円しないんですね。買っときましょう。

 

オイルを入れるオイルジョッキ

 

廃液を回収する容器はなんでもいいんですが、便利なものも売っています。

カーショップやディーラーで回収してくれます。

 

すべて用意するとディーラーで交換するのと大差ありませんが、2回目以降は格段に安くなります。

 

早速、オイル交換をしていきます。

まずは、助手席の下のエンジンルームにオイル交換場所があります。

 

 

ここと

 

 

ここを外して

 

 

 

エンジンルームがでてきます。赤いところが新しいオイルをいれる場所。

黄色いところがレベルゲージとよばれるオイルの量を計測する棒が入っているところ。

このレベルゲージを抜いて、ここからオイルチェンジャーでオイルを抜いていきます。

 

レベルゲージを引っ張って抜きます。

 

 

ここのレベルゲージが入っていた穴にオイルチェンジャーのホースをいれてオイルを抜いていきます。

 

抜ききったらフィルターを交換していきます。

オイルフィルターはハイエースの後ろから交換します。この助手席の下あたりに、四方でカバーがめくれます。

 

めくると3つボルトで固定しているので取り外します。

 

 

この黒い筒みたいなのがオイルフィルターです。(白い3文字の英語が書かれているやつ)

オイルフィルターレンチをオイルフィルターにかぶせて取り外します。

後は新品のオイルフィルターをオイルフィルターレンチを使って逆に付けるだけで完了します。超簡単。

 

 

ハイエースはオイルを6.5Lをいれるのですが、なぜか抜くとそれ以上にオイルが出る場合があります。7Lとか、これはDPFを搭載したディーゼルエンジンは走っているとオイルの量が増えるようなのでこれでよいです。ただし、入れる量は7Lとかは絶対NGですよ。6.5Lの規定量を入れましょう。

あとはオイルジャッキにいれたオイルをここから入れます。

 

 

簡単にあきます。規定量を入れましょうね。

オイルチェンジャーで6.5Lしっかりぬけていなくてビクビクするときは、1Lずつぐらいいれて、つどレベルゲージで調べるといいです。 

 

レベルゲージの使い方は簡単まず綺麗にゲージについたオイルをふき取ります。

 

 

先端に2つの点が付いていて、左の点が下限、右側の点が上限となっていてようはレベルゲージをしっかりさして、オイルが付着しているのがこの2つの点の間なら適量ということです。

 

 

こんな感じに間に収まっていれば適量ということです。

 

 

これでハイエースのオイル交換・フィルター交換が完了します。

道具の費用は6000円ぐらいかかります。

オイル・フィルター交換で8000~9000円の費用が、自分でやると4000円で収まります。かなり長距離乗る方や、複数台所有している方は自分で交換するのもいいと思いますよ!

No. 2114

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!