2017年度の内定式・内定者懇親会を行いました。



昨日は、来年度4月から入社する深沢拓さんの内定式と内定者懇親会を行いました。

 

司会・進行企画は柏木さんとゆうたさんありがとうございます。

また、社員の皆も休日にも関わらず新しい仲間を迎え入れるためにご参加ありがとうございます。

 

ゆうたさんはダブルガッツポーズ!

 

日本体育大学を卒業予定で、高校時代から自転車競技をがんばってきたそうです。

太もも萌え~です。

大学時代もアルバイトなどはせず、競技に集中してきて非常に優秀な成績をおさめてきたそうです。

どうしてこんな素晴らしい人材と出会えたのか!?

ということでちょっと説明をします。

国母店の建築を担当してくださったのが実は深沢さんのお父さんで、その後もお客さんでご利用頂いたりとお付き合いがありました。

お父さんが、当社の社風を気に入って下さり、息子さんを紹介して下さったという経緯でございます。

真面目に仕事をしてきてよかったなと思う瞬間でもありました。

 

 

甲府のご実家から、しばらくは河口湖本店に勤務して、先輩社員や社長から仕事のイロハを一から学んでもらいます。

遠い出勤場所ではありますが、最初の白紙の状態で何を教えて育ててくのかが大事ということと、また深沢さんを教育していくことで今いる先輩たちも次のステージに成長してもらいたいという想いがあり、そのことを理解してもらっての入社になります!

ちなみに、甲府から河口湖までは自転車じゃなくて、自動車を使うようです。しばらくは鉄板ネタになることは間違いないでしょう。

 

 

富士急ハイランドリゾートの高級和食店でのご飯を頂きながら内定者と懇親を深めていきます。

社長や専務、先輩社員からの激励のコメントを頂き、入社意欲が高まったことだと思います。

ひとり一言という形で社員全員からコメントを深沢さんに送らせて頂きました。

 

柏木くんからは(左から二人目のマリモみたいな大きい人)

403はアットホームで時には厳しく、時に優しく、本当に自分のことを思って接してくれる素晴らしい会社であって、これから社会人になるにあたっていろいろ不安や悩みも出てくるかもしれないけど、何かあれば頼ってほしい。頼れる先輩として自分も成長していこうと思う。

 

志村工場長(左から一人目)

私は学校卒業後、フィルム会社に3年ほどいて、親戚のクリーニング店を継ぎ、その後縁あって403に入社した。若い人は自分でなんでも出来ると思って、人の忠告やアドバイスを聞かず、簡単に仕事を辞めてしまったり、フラフラする。この年になってそういうのが自分にとってマイナスだということがよくわかる。

是非、そうした人になってほしくない。素直な気持ちを持ち続けて粘り強くがんばってほしい。

また、403で学んだことは、仕事では技術力よりも心が大事だということ。深沢さんはスポーツもやって、メンタルという意味で鍛えられているとは思います。どういう気持ちで仕事をするのかそれが仕事に大きく影響を与えることを403で学んだ。是非、そういうところを吸収してもらいたい。

 

 

アンナ・ハサウェイ(左から3人目)

403では自分で望めば主体的に仕事に取り組むことができて、仕事にやりがいを感じれる職場だと思う。

作業人としてではなくて一人ひとりを大切に期待を持って仕事を任せてくれる。

ただし、責任感のない人、いかに楽をしたいかと考えている人はすぐに辞めていく。フィロソフィ(人を思いやる心)を持てない人もすぐに辞めていく。ある意味それがあるからこそ純粋に気持ちよく働ける仲間が集まれるのだと思う。深沢さんと今日対面して話せることをとても楽しみにしていた。笑顔で話もしてくれてこういう人と今後働けると思うと楽しみです。

 

 

403の大将、ながねさん(上の写真で左から二人目、工場長がながねさんのことを大将と呼んでいてウケた)

私が入社したキッカケはHPで休憩室でみんなで楽しくケーキを食べていたのを見たことでした。

楽しそうな職場だなということを感じて入社を決めました。

実際に働きだして、半年、今はちょうど1年を迎えますが、社長自らのご指導のおかげもあって、少しずつ仕事というのはこうやってやるものなのだということが分かり始めてきました。

出来ないことが出来るようになり、仕事を任されて頼りにされることに喜びを感じています。

深沢さんが僕の背中をみて、こうなりたいなと思ってもらうように今以上に仕事に励んで成長したいと思います。

corporate culture  アイスの休憩 %tag

 

 

ゆうたさん(左から二人目)

自分が403に入社して5年が経ちます。

もし、自分が入社させてもらっていなかったら ゾッとします。

(ここで社長が) 社長「え?ホッとする?」 一同大爆笑!

人のためにとか、考え方を学ばせて頂いて本当に勉強になります。

まだまだ足りないことはありますが、一生懸命深沢さんの面倒をみます。共に成長していきましょう。

 

ひさこさん(左から一人目)

フィロソフィ、心が仕事をするということを学べたのは403にいたから、

まだ若いし、いろいろと目移りする時期かもしれない。

ただ、なんの信念もなく、楽をしたいといってすぐ辞める人は私の周りで一人も成功していないし、いつも不平不満を言って不幸せだと思う。

自転車競技を通じて培ったメンタルで粘り強くがんばってもらいたい。

 

 

深沢さんは違うとは思いますが、生徒会長や部活動で優秀な成績を残した多くの人は、生まれ持った能力と、人並みの努力でそれなりにうまく人生がいったので挫折のようなものを味わない人が多いと思います。

仕事や人生っていうのは決まりきった作業があるわけじゃなくて、自分の成長に合わせて様々な課題に直面します。

生まれ持った才能を頼りに生きてきた人は、ちょっとした課題があると
乗り越えようとしません。逃げます。

部活動や生徒会長をやってきたという人は特に注意が必要です。

ただし、裏を返せば、それだけの能力が元からあるのであれば人間性・考え方を学んでいけばより大きな結果が得られると思います。

403ではそういった考え方を学べる場所であると私は思います。

また、今までは与えられてきた人生で、これからの社会人というのは与える人になることです。
社会人といっても多くの人がそこから抜け出せないような人が多いと思います。
小学校や中学校、で先生は私に何を教えてくれるのだろう?と
社会に出てもそのままで、会社は私に何をしてくれるのだろう?という姿勢です。

そのような受け身の姿勢ではやりがいも感じることは少ないと思います。

また、言う通りに403で働いてくれる人がほしいのではありません。

主体的に仕事に取組み、一緒に仕事をする人がほしいのです。

一緒にというのはただそこにいるという意味ではありません。

心を通わせて、自分の分身のような存在で意思決定をして働くような頼れる人物がほしいのです。

 

 

カズさん

深沢さんに自分が出来ることを一生懸命伝えて面倒を見ていきたいと思っています。

入社前に内定者研修という形で何度も来て、いろいろ身に付けていってもらいたいです。

深沢さんが入社するということで工場内の設備を見直したりと結構大掛かりなことをしています。 

 

 

専務より

一緒に働ける仲間が増えることを本当に嬉しく思います。

若手がひとりずつ成長して、頼りになる社員が増えてきて会社の成長を感じています。

また、社員からの話を聞いて、それぞれの想いや考え方に感心しました。

共にがんばっていきましょう。

 

深沢拓さん ようこそ403へ!

 

拓さんも本日の内定式・懇親会を通じて、403の雰囲気を肌で感じてくれて、入社意欲が高まったとコメントしてくれました。

自分の持っている能力を403で活かしていけるようにがんばりたいとのことです。

素晴らしい出会いに感謝!

No. 2100


スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!