もし焼肉屋さんで、新人さんと先輩の育て方について質問を受けたら・・・



 

トルコ石だとおもった皆さん。

ゆうたさんです。

 

出会いもあれば別れもあるということで、新人さんが入れば、先輩もできるということで、どう接していけばいいか質問を受けたので、こうしたらー的な的なことを言ってみました。

 


スポンサーリンク

新人さんへ

独りで接客をしていると本当にこれであってるのだろうか?
リフォーム・外注きたらどうしよう・・・とドキドキしていませんか?
安心してください。
お客様に確認致しますので、と伝えた上(ここ大事)で僕や本店・他店に電話や、
集配時や交代時に確認をして、お客様に正しいことを伝えればいいのです。
なので何にも心配する必要はありません。
何でもひとりで完璧にできなきゃと気負っているから、よけい心配になります。
まず、分からないことがあったらどう対応するのかをきちんと押さえましょう。

もう一度いいます。

お客さんに確認をとるよという。おどおどして声も小さく、こそこそ電話してたら不安を与えますよね。堂々と対応する姿勢が大切です。
そして、対応方法を教えてもらったら覚えていけばいいのです。
お客さんは「あなたにゴルフバックのクリーニング代をこたえてほしい」のではなくて、
ゴルフバックのクリーニング代」が知りたいのです。

そのためにキビキビと対応すればいいじゃないですか。
もちろん、電話なしでその場で即答できればそれに越したことはありませんが、
僕でさえ即答できないことはあるのですから徐々に覚えていきましょう。

 

あと、よくミスについて話がでますが、僕は以下のように考えています。

受付でいえば、ミスは以下の2つだけは気を付けてね。
・タグを間違って違うお客さんのものにつけちゃう。
・他のお客さんの品物を間違ってわたしちゃう。
それには理由があります。
他の人がフォローできないからです。
その他の細かいミスは作業の工程で誰かが気づけます。
なので他のミスはその都度、反省してくれて、覚えて同じことを繰り返さないようにだけしていけばOKです。

先輩へ

自分もミスをやらかして、やべーって思った経験は数多あるでしょう。
そうならんようにどうやって教えるのかってのが腕の見せ所です。
問題も大きくなる前に摘み取れるように目を光らせてフォローすることも大事です。
なんでその作業をするのか、目的やストーリーを話すと人は覚えるものです。

後輩のミスは先輩がきちんと教えれなかったから、と僕は思って人を教えています。

なので、次はどうやって教えようか、ルールが覚えにくいのかな。など考えています。時にはミスっても注意しないこともあります。なんでもかんでも詰め込めばいいってもんでもないし、優先順位をつけて、話を聞いてくれそうな状態のときに小出しに伝えていくときもあります。 

答えは1つではありません。こうやって教えなさいと言う簡単なものじゃないです。

試行錯誤の繰り返しですよ。

みんなへ

作業的なミスやトラブルは少ないにこしたことはないですが、
接客業なので、やはりどうやってお客さんに「あなた感じがいいわね!」って言ってもらって
~~さんがいるから来ていると思わせられるかが接客です。
クリーニングの商品をただ販売してるだけだったらロボットやネットになっちゃいます。
僕はそうじゃないと思って皆さんを採用して働いて頂いてもらっているつもりです。
そういうことが出来そうな人を採用しています。
学生とか若いとか年配とか性別とか関係なく採用しているつもりです。
なので、自分の長所を活かして、接客で魅せてほしいです。

 

 

と、ゆうたさんに焼肉をおごりながら、
人を育てることについて質問されたので答えました。

 

No. 2098

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!