仕事ができない人にならないためのこれだけは避けるべき7つのこと。



 

最近、新人さんも増えてきました。

 

理念・考え方→仕事の働く姿勢→作業

 

の順で教えています。理念・考え方や作業面は会社それぞれ違いますが、仕事の働く姿勢という点でマニュアルにも書いてあることを共有したいと思います。

 

働いたことのない学生アルバイトさんや、新卒、社会人経験が豊富な中途、パートさんでも仕事をする姿勢が最初からできている人は中々少ないです。

 

 

日々の仕事をよりよくするために参考になればいいなと思います。

 

仕事がスムーズに進まない人の特徴を7つまとめてみました。多かれ少なかれ該当する箇所があるかもしれません。そうしたら直していきましょう。

 


スポンサーリンク

素直でない人

一番大事なのは素直さです。 ミスをしても仕事が遅くても迷惑かけてもいいです。

それをカバーするために先輩がいるのです。

だけど、いつまでも同じミスなどを繰り返してはいけません。 お客様や仲間からのアドバイスを受け入れ改善することが求められます。

それには素直さがいります。

言われたとおりにやることができない

段取りを伝えても、それで通りにできない人がいます。

本人は気を利かせたつもりで作業をしているのですが、仕事はひとりでやるものではありません。

段取りがあるということは、その通りに動かないだけでいろんな人に迷惑がかかります。

例えば、受付で検品をやってくださいといって、タグつけをやるとか、アッセンブリをやりだす人のこと。

ただし、なんでも言われた通りにやればいいわけではなく機転を利かせることも重要ですが、まず言われた通りに動くことができることが条件というのはいうまでもありません。

自己中心的、人の気持ちが分からない

自己中心的な人も困ります。何が困るかというとほとんどの人が「自分が自己中心的である」ということを認識していません。

私は違うと思った人はたぶん自己中心的ですよ。

ちょっと、私も心当たりあるかもっていうぐらいの人のほうがだいぶマシです。

例えばいつまでも同じミスを繰り返す人、うっかりミスをやる人。つまり自分のミスが人にどれだけ迷惑をかけているのか相手の気持ちを考える力が弱いのです。

「やってしまった!もう二度としないぞ」と本当に思えば繰り返しません。

また、ミスを注意すれば無責任に辞めていきます。


スポンサーリンク

すぐにやれない。今すべきことが分かっていない

仕事が遅い人は、「今、何をすべきか」と言うことに対するセンスがありません。

今やる必要の無いことをせっせとやっています。

全く事情の分からない第三者から見れば「まじめに仕事している」ように見えてしまいます。

仕事が遅い人その人自身も、これだけの仕事をやっているという「自己陶酔」に陥っています。

その時間があればもっと売上やお客さまに喜んで頂ける活動ができたのに・・・ そもそも「素直さ」がないのですから、いくら他人が「これ今すぐにやってね」とか、「急ぎでお願い」といっても、言葉を額面通りに受け取ることができないのです。

「今、何をすべきか」が分からないのですから、当然「段取り」なんてできません。

「前倒しで仕事をする」なんてことは不可能です。全て仕事は、「先送り」になります。

全てが「遅延状態」に陥り、無駄な忙しさにかまけています。

全てが、緊急事態!赤ランプが点滅する中を、わらわらと右往左往しているだけ。 原因に、前述の「素直さ」の問題は影響していますが、それだけではなく、「状況を理解する」ことができないのに、自分の考えを最優先しようとするからだと思います。

人に聞くことができない。状況を伝えることができない。

分からないことがあったら、教えてもらえばいいのに、人に聞こうとしない。

自分一人で悶々と考え、堂々巡りをしてしまいます。

ちょっと聞けばいいだけのことです。 こちらから、「どうしたの?」と聞くまで、一人で解決しようとしているのです。

それって、根本的に考え方が間違っているよね、と思うのですが、当の本人はそうは思っていないのです。まじめに悩んでいるのです。

そう、まじめにやっているから始末が悪いです。

なんでもかんでもコミュニケーションしたがる人。

なんでもかんでもコミュニケーションして引き継ぎをしたがる人がいます。

一見仕事ができるように見え、面倒見がいいように見えますがとんでもありません。

引継ぎをしなければならないような中途半端な状況に常にしているのです。

どんなポジションでもすぐに別の人が入っても何のコミュニケーションを取らず仕事に入ることができる状態が正しい状態です。

そのためには道具を使いっぱなしにしない、オリジナルの作業をやらないなど基本を押さえていないとあれもこれも、しゃべらないといけないです。 引き継ぎに時間がかかる人は、そういう意味でルーズな人が多いです。


スポンサーリンク

異変があっても涼しい顔して騒がない。

たとえばアッセンブリして納期に揃っていない品物があっても工場に伝えない、騒がないで、次のシフトの人が来るまで待って聞いてみるとか、会員カードの案内表がなくなってしまってそれを騒がずにそのない状態で仕事をしているなどのケースが多々あります。

仕事の出来る人は忙しいです。だからその人に聞かず、自分の話しやすい人に聞くのです。

そうではありません。お客様にご迷惑がかかることや、職場環境に異変があれば、私情は挟み込まず、問題解決のために行動する人でなければなりません。

業務的な仕事よりもこういう精神を持っているかどうかが仕事の結果を大きく変えていきます。

 

No. 2099

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!