雨天のキャンプで、テントの撤収方法の一つ解決策はテントクリーニング.comです。



 

秋雨前線、最盛期ですね!! 毎週末、しかも連休はばっちり雨続きです。

ですが、キャンプの予定は雨天決行!!

 

問題撤収時のテントです。

びしょびしょのままご自宅へ持って帰っても翌日からは仕事であったり、はたまた悪天候続き。

たとえ晴れた!! としても人手不足で干すのも一苦労ではないでしょうか?

なんだかんだ、そのまま放置で1週間後の土日にやっとこさ、みんなで広げてみると、

 

カビ!! 蒸れ蒸れで臭い!! シームテープふやけてる!!

と、テントが劣化していて悲惨なことに。

適度な温度と、たっぷりの湿度があれば、カビにとってはパラダイスの1週間です。

とくに、コットンテントであれば、2日もあればカビは発生します。

 

テントはアウトドア用品ですから、新品同様のままずっと使い続けることは無理ですが、

少しでも長持ちさせるべく、そして次のキャンプで広げた時に悲しい思いをしないためにも、是非、濡れてしまったテントはその濡れた状態のままテントクリーニング.comへ着払いにてお送りくださいませ!!

 

 

ビニル袋に入れても、段ボールでも構いません。

キャンプ場から直接お送りの場合は、梱包もせず、バックに詰め込んだ状態のままでも

まったく構いません。 どうぞ、撤収場所のキャンプ場からそのまま発送してください。

着払い・元払い・業者関係なく対応可能でございます。

 

お品物ご到着後は、担当がすぐさまお品物を開封し、状態を確認します。

濡れているお品物は優先的にクリーニング、または乾燥させて頂いております。

 

注意事項としては、濡れているお品物、特にコットンテントは、特に優先的に対応をさせて頂いておりますが、当店到着前の、輸送中のカビ発生や葉っぱの色移りのリスクもございます。

大雨の中、ずぶ濡れになりつつの撤収作業ではございますが、どうぞ枯葉、葉っぱ

等は、出来る限りとって頂いて発送下さいませ。 変色のリスクが軽減できます。

 

 

皆様からのご依頼を心よりお待ちしております!!

 


No. 2017

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!