Facebook新規いいね!をタダで毎週100件ずつ増やす方法



篤です。

弊社が運営しているテントクリーニング.comのFacebookページは9000いいね!を突破して、その後も順調にファンを増やしています。

中小零細が運営しているFacebookページでは成功しているほうだと思います。

特に注目するべき点が2つあります。

・毎日の投稿に対して100いいね!つく。

・広告を使わずに毎週100件の新規いいね!がつく。

 


スポンサーリンク

毎日の投稿に対して100いいね!つく。

1か月に1度とか、企業の新製品が発表されたなどある程度時間を置いて投稿する者に対していいね!は多く付く傾向がありますが、毎日の投稿に対してはユーザーから飽きられやすく減る傾向があります。

その中で100いいね!前後つくということはちゃんと既存ユーザーに価値ある情報を提供できていることが分かります。

広告を使わずに毎週100件の新規いいね!がつく。

新規のファンが毎日10件~15件前後増えていることは、自然に新規ユーザーに広がっていく価値ある(新規いいね!を押したくなる)投稿が出来ている証拠でもあります。

 

以上の2点からは運営が非常にうまくいっていることが分かると思います。

そこで今回は、弊社が取り組んでいる運営方法について解説・公開してみようと思います。

職人自ら文章を考えて投稿している。

いろいろな会社をみて、本当にクソだな!勿体ないなって思うことがあるんですが、

HP制作会社とかITなんちゃら企業に金払って、「ユーザーはこういうセンテンスがウケるんです」っていうカタカナやたら使う連中が運営するケース。あとムダにIT詳しいオーラだした最近入りたての社員とか2代目、3代目みたいなろくに現場も知らないのに運営するケース。

特に中小零細であればあるほど、そんな上っ面なハートのないメッセージは響かないよねー。

 

403はクリーニング屋でして、テントクリーニングに投稿する文章は全部クリーニング職人が自分の言葉で書いたものです。

時には専門的な知識も含めた見解を述べたりしてファン・お客さんの信頼を勝ち取ります。

 

 これもウケた。 本当に忙しいからね。

 

ファンと一緒になってFacebookページを作っていく。

テントクリーニング.comはネット宅配クリーニングなので、基本は郵送で商品の受け渡しが行われるのですが、工場が山梨県の富士山の麓・河口湖ということもあって、たくさんのキャンプ場がある関係でテントを持ち込んでくださるお客様が多数いらっしゃいます。

その時に、一緒に写真を撮って、掲載の許可を頂きます。

 

いつもFacebookに載っている職人に会えたことや、テントクリーニング.comのFacebookページを通じてお友達に知らせることができることが恥ずかしがらず、抵抗なくお客さん達がやって下さっていることも大きいです。

当たり前ですが、自分が掲載されれば絶対見ますよね。これもいい循環でぞくぞくと投稿のいいネタが出来ていきます。

 

なんでもオープンに情報発信していく。

クリーニング屋のページなのでもちろんテントのクリーニング光景などは発信していきますが、それだけではなく、うちの社風や職人の人柄が垣間見れるような内容のものも発信していきます。

例えば興味のない、まったく知らなかった芸能人を町で見かけた、お客さんとしてご来店したなど何か接点ができると、妙に親近感が湧いてきて、名前とかも一発で覚えたりしますでしょう?

それと同じで理論です。僕はこれを「芸能人に会うと、ファンになってしまう」理論と名付けています。

 

誰にでも簡単に出来るこの方法をコツコツと2年間ほど積み重ねているとこうなります!

 

No. 2024

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!