帽子クリーニングの状態別、お勧めオプション



 

全国の皆様より、日々沢山のキャップやハットをご依頼頂いておりますが、

○○の状態ですが、どの加工がお勧めですか?」や、「人気の加工は何ですか?」という

ご質問を多く頂きますので、状態に合せたお勧めのオプション加工をご紹介させて頂きます。

 

■超撥水加工

約6割のお客様よりご依頼を頂いてる加工です。

水をはじく効果がありますので、こちらの動画のように、払って頂くと、パラパラと水滴が落ちます。

 

但し、ゲリラ豪雨のような強い雨や、長時間にわたり雨に打たれ続けますと、加工剤が落ちてしまい、

効果を発揮することが出来ませんので、ご了承くださいませ。

■汗抜き加工

帽子は頭皮に直接接触しますから、思っている以上に汗を吸っています。

よくわかる現象としては、ツバの額があたる部分にかけて、白い汗じみが出来てしまうと思います。

この白い汗じみの状態でしたら、クリーニングをすれば落とすことが可能です。

ですが、意外と気付きにくいものですので、気づいた時には、黄ばんでいる!ということがあると思います。

黄ばんでしまいますと、クリーニングだけでは落とすことができません。

 

 

この場合は、別途特殊シミ抜きという処理をお勧めさせて頂いておりまして、出来る限りの処理を

させて頂いております。

※但し完全に落とすことができない場合もございますので、処理をしてみないと

わからないものですので、あらかじめご了承くださいませ。

 

ところで、「汗ジミ」と間違ってしまいがちなシミもあります。 たとえばこちらの状態です。

 

こちらの写真(上)のように「いつの間にか汗じみがすごいので落としてほしい!」というご要望を頻繁に

頂きますが、この状態は額の脂によるシミです。

油性の汚れは、ドライクリーニングをすると落とすことが出来ますが、帽子は残念ながら

ドライクリーニングをすることができず、水洗いしかできません。

そのため、この状態のものは落とすことができません。

 

そして、「帽子が赤く変色してしまった!」というお声もよく頂きます。

これは、汗の成分が酸化し、変色を起こしてしまっている状況です。

繊維が変色をされていますので、クリーニングをしても元の状態に戻すことはできません。

汗ジミ予防のためにも、是非ともこまめにクリーニング、そして汗抜き加工をされることをお勧め致します。

 

■カビ取り加工

汗をかいてそのまま帽子を保管していると、カビは生えます。

帽子は面白いぐらいカビが発生するものです。

フェスに行って、汗だくになった衣類はすぐに洗いたくなりますが、帽子はどうされていますか??

とりあえず置いておいて。。。 とすると、すでにカビにとったら天国のような状況になっています。

 

ですが、まだ諦めないでください!! こちらはカビ取り加工後です。

 

 

超撥水加工、汗抜き加工、カビ取り加工の3つをご紹介させて頂きましたので、是非、

お持ちの帽子をみられまして、状態のチェックをされてみてください。

超撥水加工は一番人気ですが、汗抜き加工は黄ばみ防止に効果的ですので、

お勧めをさせて頂いております。

 

帽子は頭皮に直接触れているものの、「洗う」という概念がほとんどない商品です。

実際、洗濯表示タグにも洗濯×マークがあるのがほとんどです。

長持ちさせるために、クリーニングするものだと思って頂けると幸いです。

できることは最大限させて頂きますので、是非、お気軽に当店までお問い合わせくださいませ。

 

 

 


No. 2006

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!