テントクリーニングの検品は細部にまでこだわっています。



 

どんなに大型のテントでも、すべてのお品物につきましてスタッフが検品をさせていただいております。

テントはアウトドアで使用するものですので、傷や汚れがついて当然のものですが、

出来る限りの範囲で細かく状態の確認をしております。

 

 

検品結果につきましては、受付のご案内の際に、料金とともに検品結果をご案内させて

頂いておりますが、ベタツキがあるもの、カビがあるもの、その他に変色や破れ等、

お品物の状態につきまして、お客様にご連絡、ご相談をさせて頂きまして

クリーニングを進めさせて頂いております。

 

特にご連絡を差し上げていることと致しましては、まずベタツキがみられた場合ですが、

原因がコーティングの劣化と思われるため、クリーニングをしてもベタツキを

完全に取り除くことはできかねます。 

出来る限りの処理をさせて頂く旨をご連絡させて頂いております。

 

そしてシームテープですが、すでにはがれかかっていたり、浮いている場合は、クリーニングにより

剥がれが進む可能性が御座います。

ご連絡の上、お預かりをさせていただいております。

 

 

臭い(MossテントやMSRテントが特に)に関しまして、臭いはクリーニングをしても

完全に取り除くことはできません。

そのため、対策と致しまして、蒸気が舞う特殊な環境の下での自然乾燥の工程に

お時間を頂くことで、出来る限りの除去に努めております。

納期について、ご相談をさせて頂いております。

 

カビが発生しているものについては、クリーニングをしても落とすことができない為、

見た目はかわらないことをご連絡させて頂いております。

 

 

 

変色につきましても、クリーニングでは落とすことが出来ないため、ご連絡をさせて頂きまして

ご確認の上、クリーニングを進めさせていただいております。

 

 

破れやホツレなどにつきましても、入念に検品を致しておりますので、万が一見つかった場合は

職人に確認を致しまして、クリーニングができる範囲であれば、ご連絡の上、十分に気をつけて

クリーニングをさせて頂き、もし破れがひどくなる可能性のあるものは恐れ入りますが返品を

させて頂いております。

 

これからも気持ち良くキャンプをお楽しみいただきたい、という気持ちだけで、懸命に毎日テントを

検品し、クリーニングをし、仕上げをさせて頂いております。

どんなことでもお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 


No. 1958

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!