Yシャツ仕上げの修業中



5年目のゆうたさん、まだ5年か!トピックスに登場しはじめて5年しか経っていないなんて信じられない。

5年もたって工場できませんじゃおはなしにならないので教えてくださいということで、

教えてます。

まず、いっちばん楽なYシャツ。Yシャツは一番楽です。だれでも出来ます。

動作は楽。

ここで覚えてもらいたいのは

・仕上りを見極める目

・生産性を意識した体の使い方

です。

 


スポンサーリンク

仕上りを見極める目

工場はじめての人は、仕上がりを見る目ができてません。もうどうみても前身ごろに大きなシワがあっても見落とすんです。

言われると ハっとするんですが、 えーなんで見落とすねん!っていうのを見落とします。

仕上げることにあたまがいっぱいで視野が狭くなるからなんですね。

 

生産性を意識した体の使い方

早く&綺麗に仕上げるには たらたら お上品に振る舞わってたらいくら時間があっても終わりません。

体の使い方を教えます。とくにスポーツ経験のない人はYシャツの人時50ぐらいを体験して体を作っていきます。スポーツ経験ある人はこのへん楽々とクリアーしていくんですよね。

機械がほとんど仕上げてくれるのですが、ちょっとした直しなどでアイロンを少し触る程度が次のステップにちょうどいいです。

工場スタッフメインの人でYシャツしかできないってのはそうとう怠けてますね。

そこがきちんとできないから上着→スラックス→ブラウスと移れないのではないでしょうか。

まずは簡単なYシャツ。されど人時65あたり叩き出すレベルになると達人ですね。そこまで出来る人なら何でもできるはず。

 

 

とメシを食べながら、Yシャツの仕上げを研究するゆうたさんでした。

No. 1903

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!