「テントクリーニング」の商標登録完了しました。



特許庁にお願いしていました「テントクリーニング」の商標登録が、2年をかけてやっと登録がおりました。

商願2015-126523

今後は
テントクリーニング
クリーニングテント
テントのクリーニング
クリーニングのテント

など、テントクリーニングと間違われる文章・サービスは一切利用できなくなります。

テント クリーニング という一般的なワードで登録が可能になったのは弊社の独自の取り組みとテントクリーニングというものがサービスとして認識されていると特許庁が認めたことになります。

 

テントクリーニングを開発したのが20年前、商品化してから11年たちますが、類似のサービスを同業のクリーニング店はじめ、異業種の方も弊社の真似をしてはじめています。

 

昨今の弊社サービスである「テントクリーニング.com」の成長に伴い、テントクリーニングが広く認知されるとともに、類似サービスを弊社サービスであると勘違いするといったトラブルが多発する事態になりました。

特に弊社本社と同じ山梨県にある某レンタルショップさんはうちよりも安価にサービス提供されています。

そのレンタルショップさんは本業のほうでも富士山のアンテナショップでルールを守らず、行政から追い出されるほどのペナルティを犯すほど、地元ではいろいろと噂が立つほどの業者さんです。

当然、9割近くがその業者さんを利用なさってのトラブルの問い合わせで、我々に連絡が来ます。

クリーニングの技術でどうにかカバーできる部分はご協力して参りましたが、金銭のやり取りやその他トラブルなどは第三者機関を紹介してどのように対処すればよいかアドバイスする程度にとどまっております。

他のところが安いからそっちにだす!というお客様がおられます。

それは我々の職人の技術力に対してそれだけの価値がないと言われているとようで非常に悲しくなります。

クリーニング師の資格もない素人がやっているサービスと比較され、負けることが非情に悔しくもあります。

毎日休まず朝4時から工場をあけて懸命に仕事をしている我々の職人の技術力に理解のあるお客様にご利用頂ければと思っている一方で、他社サービスを利用されてトラブルになり、結局戻ってくるお客様のためにも今回の商標登録は意味のあることだと思っています。

 

 

テントクリーニングは非常に技術力を有するクリーニングであります。 

一生懸命、手間のかかる仕事と難しいクリーニングをやり続けているのもお客様に喜んで頂きたいという一心からです。

我々の純粋な想いをお客様に届けるために、今回は商標登録させて頂きました。

 

 

これからも安心してお客様がご利用頂けるように、より一層の努力を致します。

 

尚、「テントクリーニング」の類似サービスを行っているウェブサイトや業者、個人のクリーニング店などにはある一定期間をおいたのちに精査させて頂き、当社担当弁護士より内容証明を送らせて頂きます。

速やかにサービスの停止をお願い申し上げます。

 

商願2015-126523

No. 1888

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!