大流行のコットンテント、黒カビを生やさないためにはこまめなメンテナンス



 

 

今年は昨年に増して、コットンテントを数多くご依頼頂いております。

例年、コットンテントは全体の3~4割くらいでしたが、今年は半々といっていいほど。

 

Nordisk Reisa Legacyにも、ついにお目にかかれました。

 

 

コットンテントは、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるという機能性と、コットン素材が出すどこか安心する

雰囲気が、オシャレにキャンプをしたいという遊び心をくすぐり、以外にもワンポールで簡単に設営可能

ということ等が、人気を加速させているのでは。。。?

一方、コットンですので、その重量ははんぱないです。。。

20~30kgはしますので、雨でびしょびしょぐちょぐちょになってしまったのであればもう大変なことです。

また、最大のリスクは黒カビでしょうか。 先日もご紹介させて頂きましたが、これからの時期は

カビ発生の危険性を伴いながらのキャンプシーズンとなります。

黒カビがついても、それはそれで味がでる、と割り切ることも考えないといけないのかもしれませんが、

最小限にカビ発生のリスクを抑えるには、濡れたまま極力1日でも放置しない!!

栄養たっぷりの泥や葉っぱは綺麗に落とす!! ということが一番ではないでしょうか。

 

河口湖、西湖、山中湖といった、当店近隣のキャンプ場からのお帰り、そして

静岡県、長野県といった県外でキャンプをされたお帰りにコットンテントをお持ち込みされる

キャンパー様が大変多くなっておりまして、少しでもリスクを抑えたい!!というお声が一番多いです。

当店では、濡れているテント(コットン、ナイロンポリ全て)は全て、お預かり後に直ぐクリーニングをさせて

いただくか、どうしても直ぐには洗えない状況の場合は、早急に乾燥をさせて頂いております。

天井高4メートルある工場内で、めいいっぱい広げて干しておりますので、しっかりと乾きます。

 

 

富士山の雪解け水でクリーニングされた後は、職人共が手仕上げをさせて頂いております。

 

コットンテントのメンテナンスについて、お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!!

 


No. 1878

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!