ハイエース200系4型のメーター&液晶パネルの変更



 

ハイエースのお高いグレードはオプティロンメーターというそれなりなメーターが付いてきます。

商用車ハイエースにはシンプルなメーターが付いてきます。

オレンジ色のメーターです。デザインとか、色とか、たいして費用かわらないならもう少し考えてくれてもいいのに!と思う。

 

 

ということでメーターをかえます。

メーターをまるっと付け替えると距離が分からなくなるので、整備工場でメーター付け替えの手続きをしなくてはいけません。

面倒ですので、今回はメーターの付け替えではなくて、メーターの上にLED発行シートをかぶせて、

液晶部分は偏光シート(これをはると文字と背景が反転する)を付けて雰囲気を変えてみます。

 

 

バリバリっとメーターをはずしていきます。液晶部分にはうすくてちょっと固めのシールが貼られていますので、それをカッターで綺麗に外します。

 

偏光シートはamazonなどで200円ぐらいで売っています。


作業中はこんな感じになります。

LEDシートの電源はアクセサリーからとります。どこにあるのか分からないのでカーナビに刺さっている電源からとりました。

 

 

完成がこちら!メーターの液晶部分はブラックとブルーを試してみました。

 

 

ライトアップするとこんな感じ。だいぶマシになりました!

 

また、針を抜くときに、ちょっと誤って刺しなおしたら、燃料のところが真下ぐらいまで下がってしまった。

指でちょっとあげておくとなおるが、1日ぐらいたつとまた真下ぐらいになる。

ディーラーにいったけど原因不明ということで、

自分でいろいろ調べたら、この真下にいっているときが正しい位置なのでそっとそのまま針を一度ぬいて、正しい燃料のからっぽの位置に合わせて挿せばそれ以上下がることはない。

なんでも社外品をつければ社外品だから、ということでほぼ対応不可になる。でもこれって社外品うんぬんの問題ではないはず。

なんでもディーラーが解決してくれると思わないことと、諦めずに調べ尽くせばなんとかなります!

 

是非、お試しください。

No. 1857

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!