これだけはやっておきたいハイエースの6つの後付けカスタマイズ


商用車ハイエースを使うにあたって安全・快適な車にするべく、これだけはやっておきたいハイエースの6つのカスタマイズをお伝えします。

hiace  これだけはやっておきたいハイエースの6つの後付けカスタマイズ %tag

 

そして、必ずこの順番でやっていってほしいです。

ほぼ難易度順になっています。


スポンサーリンク

①フロントグリルをメタルメッキ仕様に変更

hiace  これだけはやっておきたいハイエースの6つの後付けカスタマイズ %tag

この正面の銀色のくちみたいなやつをフロントグリルといいます。

フロントグリルの交換はボンネットを開いてネジとクリップを外して、交換できます。

車をはじめていじるには一番簡単な難易度の上にフロントグリルを変えるとかなり印象が変わって達成感があります。しかもフロントグリルはネットで7000円前後から購入できるので手軽に出来るカスタマイズです。

とくに、ここで覚えるべきはクリップ外しです。特殊なクリップで止められているのですが、外も中もこのクリップでとまっている箇所が多く、ここでクリップ外しを習得しておきましょう!

②カーナビの取り付け

カーナビの取り付けはほぼ純正商品なので特殊なコンセントをパチってつけるだけです。迷うことはほとんどありません。ハンズフリーで電話することがない人であれば取り付けは不要だと思います。値段は36000円

純正だと10万円かかるカーナビです。 商用車なのでつけなかったのですが、車での通勤時間が長く、業者さんとのやり取りがどうしても必要でハンズフリーをしたいためにカーナビを探して

 

③バックモニターの取り付け

次のバッグモニターは、カメラの電源を取る+と-、それと映像端子の3つです。ただ、ナビと違い、どこに付けていいのか自由度があるのでどうすればいいか分からなくなると思います。カーアクセサリにおける電源の取り方の基礎をここで身に付けます。 値段は3000円、ルームミラー型の液晶モニターは2000円

商用車のハイエースはカーナビもなければバックモニター(リアモニター)もないものがほとんどではないでしょうか? 何せ、カーナビはエントリーモデルで10万円。バックモニターは5万

 

④フォグランプの取り付け

フォグランプは商用車に必要かと言われれば不要かもしれませんが、配線の勉強を兼ねて行うには最適な取り付けカスタマイズだと思います。見た目もグンとかっこよくなります。

ここではハーネスとよばれる配線類がまとまって黒いテープでぐるぐるまきになったものを購入して取り付けます。ある程度配線はこういうふうにしようねっていうのが決まっているのですが、そのままでは付けることが不可能です。そこで配線をカットし、ハイエース仕様に変更していくのですが新しい部品などは買う必要はなく電気の線だけあればできることなので次のステップとしては最適です。またボンネット、バンパー外しなども行い、エンジンルームも覗くことになるのでやってる感がでる作業です。値段は10000円

フォグランプって知ってますか? フォグ=霧 霧ようのランプなんですが、フロントのライトの下についてるのがフォグライト。ハイエースの商用車なのでもちろんそんなのは付いていません

 

⑤マッドガードの取り付け

少し小休憩ということでマッドガード・泥除けの設置です。これは作業自体はとても簡単。商用車は距離を走りますので側面が汚れやすいです。また会社の看板を背負って走るのであまりにも汚いのはいかがなものかということで、カスタマイズ。値段は5000円

商用車で結構な距離を走るので雨や雪の時はすぐに側面が大きく汚れます。 毎度、洗車するのですが面積が大きい分大変。マッドガード・泥除けがあればかなり楽という情報をゲット

 

⑥フットライトの取り付け

荷台の開閉に連動しない形でルームライトをつけたいということで、フットランプのカスタマイズを行います。

集大成ということで、自分で配線図を作成して、電気部品を購入してほぼ自作で作成していきます。値段は3500円ナリ。

商用車ハイエース 200系 4型のフットランプを取り付けたいと思います。 クリーニング屋なので荷台に品物を載せますが、商品の取り出し、積み込みは荷台をあけっぱなしにし

 

 

No. 1828


スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!