クリーニングPOSレジのおすすめ商品について



クリーニング店に欠かすことのできないレジについて話します。

ところでクリーニング店を1店舗作ろうとすると最低でも以下のようになります。

店舗家賃の初期費用:家賃x4か月:50万

店舗内装:クロス:50万

看板:50万

ポール:50万

カウンター:50万

レジ:50万

備品:50万

トータルで350万ほどかかります。

物件の条件で外装、内装、看板はかなり変わります。また、ポールやカウンターも地元の工務店さんとうまく取引すればコストをかなり抑えれるのではないでしょうか。

ただ、レジだけはどうにもこうにも50万前後とかなり高額です。

弊社も出店に伴ってレジの選定に結構な時間を割いてきました。

shop open cleaning  クリーニングPOSレジのおすすめ商品について %tag

もともと使っていたのがサンヨーの「ユニットランド」というレジでした。

最初は中古でユニットランドがないか探しました。ヤフオクでも探しました。ほとんど出回っていないことと、中古(5年以上たったポンコツ)で10万円するということでやはり新しいレジを探さないといけないことになりました。

ちなみにユニットランドを使っていて不便&難しいと感じることが結構ありました。


スポンサーリンク

古いレジの不便なところ

・仕上がり日が異なる受付が一括でできないので、寝具を受け付けるときは2度お会計をしていた。カーペットなどを受けるときも同様。

・セールの打ち方が難しい。受付スタッフがセール対象商品かどうか判断してこれはセール、これはセールじゃないと手動入力。また詰め放題や割引がパーセンテージでないものは電卓たたいて手動入力。加工品は個別に加工割引ボタンというのがあってそれを押す。

・会員登録のエラーチェックがない。会員番号の重複チェックや非会員の電話番号登録も桁数が違っていても素通りする。

・商品の値段や加工料金をレジごとに設定する必要があって手間

・商品のカテゴリも1種類につき10点まで登録できない。上着のカテゴリーに紳士上、婦人上、、、と10点までの登録限定。

・履歴は1年分ぐらいしか表示されない。

などなど要望をあげたらきりがないくらいでした。

結局何が言いたいかというとレジなんていうのはクリーニング受付をサポートするためにあるのに、なぜか知らんけど、レジを使うために覚えることが多くて、操作も難易度満点。

そのくせ、50万以上金がかかるってもはや詐欺のレベルじゃないかと思ったんです。

で、いろいろなクリーニングレジメーカーさんに問合せして、会社に来てもらってデモをやってもらったりもしました。有名どころは全部見ました。

共生社さんのV-REGI

ライトさんのあずかりくん

ネクストベリーさんのstarpos

寺岡さんのDUKE

これらは商品としてよさそうだなと思っています。

で、中には以下のようなレジもあるんですけど、50万でこの画面・・・何十年前のパソコンレジだよ。

うけ太郎って、全然うけねーッスヨ。

shop open cleaning  クリーニングPOSレジのおすすめ商品について %tag

 

管理システムは別料金で170万・・・ オイ!

 

いろいろ見た中で一番いいのがライトさんのあずかりくんです。

というのも、こういうセールに対応しているのか?こういうパターンは?という質問に対してプログラマを引き連れて話し合いに参加されたからです。

UI(ユーザーインタフェース)=平たく言うと画面上の見た目ですが、それが一番いいなのもライトさんです。

見た目が美しくないものは中身もたいしたことないからね。

そんなライトさんのシステムも70万モデルか、40万+月額5000円モデルのどちらかでかなりの出費です。未収管理のシステムを使えるようにすると5万円とか鬼か!

starposのようにipadのレジもいいんですが、月額1万5000円にipad(6万)とドロアー(1万)、ブルートゥース対応プリンター(10万)が必要で結局17万+月額15000円ぐらいになる。ドロアーなんかは中古で5000円ぐらいで集めれるけど、プリンターがない。有線のプリンターなら8000円ぐらいで中古で使えるものもあるが、bluetooth対応はほぼ新品しかないのがネック。あとstarPosで気になるのがクラウドシステムというところネットワークが断線したりしたときに使えないのは致命的。まさかそのためにiPadの通信料を毎月7000円も払うわけにはいかないでしょ。ADSLとかで2,3000円の通信料で使いたい。ちなみにうちはwifi 基本料1500円+通信料金はwifiを入れている店舗内で共有しています。だいたい2000円ぐらいには収まっているはずです。

 

これにプリペイドや磁気会員カードを導入すると10万、クレジットカードはstarPosならpaypal hereとかでクレジット端末料金は数千円で済むけどきっとオプション料金取られるのかな?ライトの場合は連携せず、CAT端末というよく見るパスワードを入力してくださいってやつの端末だと思うけど、CAT端末もべらぼうに高い最低10万・・・しかも取引手数料も詐欺レベルで5%ぐらいとられることもある。基本企業の取引額に応じて決まるので不明瞭であるし、我々のような小さなクリーニング店ではレートは全然よくない。。。

ちなみに会員カードの安い磁気タイプと少し割高のmifare ICチップ型があるのですが相場は大体印刷料も込みで会員カード1枚あたり300円~400円。それに謎の版代数万円と・・・。

勤怠管理システムと連動するものもあるけれど大体1スタッフあたり月額300円、50人いれば毎月15000円。

いくら金があれば足りるねん!って話ですよ。

結論としては安いレジは存在しない。

ある中で選べと言えば私はライトさんのあずありくんを選びます。

オプションはほぼつけない。会員カードも紙のものをつかって、クレカも使用しません。

単店舗で1500万を売り上げるならあずかりくんを買います。それ以下ならユニットランドを使いまわします。

結局あずかりくんにしてもレジに入っている中でセールを考えたり、打ち方をスタッフに教育する手間はかわりません。それでもおすすめはあずかりくんですね。

 

クリーニング403はどうしたのかというと、甲府に出店するときにかっこいいレジほしいなーと思って、つくったほうが早いんじゃねって思って自分で作りました。

あずかりくんの見た目も他のレジとくらべて悪くはないけれど、かっこよくはぜんぜんない。starPosはiPadがスタイリッシュというけど、小さくてインパクトが少ない。ほどよい大きさがないとお客さんとのカベがなくてやりにくい感じがする。↓ipadレジ。

shop open cleaning  クリーニングPOSレジのおすすめ商品について %tag

 

これがうちのレジ。

shop open cleaning  クリーニングPOSレジのおすすめ商品について %tag

 

レジというか、vaioがかっこいいだけなんだけどね。

普通にパソコンなんでBGMをこれからスピーカーにつなげて音楽ならします。

shop open cleaning  クリーニングPOSレジのおすすめ商品について %tag

 

見た目はダントツにカッコいいけど。

コストがヤバイ!

PC本体7万 vaio tap 20

プリンター中古8000円 epson tm-t88ⅳ

ドロアー8000円

会員カードリーダー2000円 pasori

クレジットカードリーダー2000円

トータルで9万円!安ッ!中古でがんばって探せば6万後半から7万で全部がそろう。

クレカも会員カードも含めると相場は80万円。それが10万円以下は嬉しい。

ハードウェアは流通量が高いものを選択した結果、低コスト、もしトラブルがあっても調達が容易であります。また、自社で開発したので不満に思っていた機能はすべて網羅した上にオリジナルの機能を追加。

自動アップデート

アプリをリリースすれば自動で全店舗分最新版にアップデート。

自動バックアップ

レジ内のデータをレジ内、SDカード内、オンラインストレージの3か所に自動バックアップ。

畳数計算など多種多様な計算機付き

カーテンなどの面積によって料金が変わる品物も、縦と横を入力すれば自動で金額を出すなど機能としては小さいけど役に立つ。制服の付属品も打ち忘れ少なく打つことができる。

店舗間の連絡機能

shop open cleaning  クリーニングPOSレジのおすすめ商品について %tag受付をしているので電話連絡が困難な場合や、1人のスタッフに伝えるだけでなく共有も可能なので重宝しています。備品の発注や両替の連絡、遅れ商品の連絡にも使っています。

 

店舗間の売上閲覧、スタッフの加工取得ランキングや生産性の閲覧

管理者だけが売上をみれるのではなくて全スタッフが全店舗と個人別の成績を細かくチェックできます。付加価値を取るのが苦手なスタッフへの早目のアプローチなどモチベーションの低下を防いだりするのにも役立っています。Yシャツ回数券の販売数なども確認できます。

会員カードはICチップ mifare 1k

いつもお願いしているところでは5000枚で@100円で作ってくれます。両面カラーですよ。これはウルトラ安い。↓HPは怪しいですが、ちゃんと振り込めば品物届きます。

三槐堂

顧客データの共有

他店舗の顧客データも検索可能なので転勤したお客様情報も確認できるのと、今まではレジ別に顧客データがあり、同じデータを総務が打ち直すという二度手間があったのですが、一元化したことで総務の手間解消にもつながりました。

総務の会計システムとの連動

会計ソフトのTKCや、全銀協フォーマットに対応した取引先や従業員給与の振込入金ファイル出力とも連動

顧客分布図

全顧客をGoogleMap状にプロットしてあるのでポスティングの強化や出店戦略を練るときに便利。

shop open cleaning  クリーニングPOSレジのおすすめ商品について %tag

タグ検索、未収検索

意外になかったのがタグ番号で伝票や履歴を検索できる機能。普通に必須だろ。あとは未収入金のお客様を検索して催促できる。

でる順スーパー

ライトさんにもあるでる順の強化版。加工も記憶していてYシャツや衣類、ズボン、寝具別に加工を記憶。注文率が高いものは自動で加工を加えるので新人スタッフによる取りこぼしも防げる。

ほとんどのセールパターンを網羅

詰め放題はもちろん、点数セール、加工割引、特急品は除外などを複雑に設定することが可能。店舗はセール名を選ぶだけで自動計算してくれる。複数のクーポンやセールを組み合わせた場合にお得な組み合わせで値引きをします。

勤怠管理

スタッフの勤怠管理機能は時給計算、労務士への報告もワンクリック。今までタイムカードを打刻したものを労務士に送っていたから手間という意味ではあまり変わらないけど、タイムカードの押し忘れや手書きなど常習化していたし、タイムカードの打刻する機械も2万ほどかかるのでこれも節約できるのは大きい。

不正処理チェック

会員番号の重複など致命的なデータを作らないためのチェックは行いますが、ある程度レジ操作にあそびをつくってあります。一例を紹介します。

ハンガーでポイントを付与する機能がありますが、特定のお客様に対して特定のスタッフが不自然に付与していたり、返金処理をしていたりすると不正チェックの機能が働いて管理者に通知する仕組みをいれてあります。従業員に不正を作らせないための仕組みを取り入れたシステムです。クリーニング店に限らず不正事例をもとに通知処理を随時入れています。

自作の大きなデメリット

世の中に出ているどのレジよりもデザインと機能も圧倒的に優れていると思うけど、大きなデメリットもあります。

まず、開発者がぼく一人なんで、僕が死んだら開発が止まります。生産も止まります。メンテできません。

不具合を埋め込んだものをリリースすれば現場やりながらすぐに修正。時には店舗まで行かないといけないです。またソフトだけ作ればいいわけではないのでパソコンなどのハードウェアのメンテナンスや周辺機器の調達なども全部自分でやんないといけないです。

とくにメンテする人が一人というのはかなり大きなリスクですよね。メンテ作業はほとんど自動化したり普段することはないですが、やっぱりそれでも死んだら終わりみたいなところあるので、80万でつかいずらいものを使い続けるか、便利で安いけど僕が死んだら、レジも死ぬみたいなものか。

なので、このレジを大手がつくって保守・メンテし続けてくれると助かるんですけど。

ライトさんいいもん作ってるんで提携してください。

機能や実装方法についてアドバイザリーしますから、一般化して販売してください。売上の30%マージンでいいですから。

でも やんないんだろーなー、やんなくてもライトさんよりいい商品が世の中にないから売れるもんね。

なら自分でやればと言われそうだけど、クリーニング屋なので パソコン売ってる暇があったらYシャツ1枚洗ってます。

 

ちなみに、すべてのシステム名に Jasper (ジャスパー) という冠がつきます。

Jasper Pos 受付レジ

Jasper Crm 総務が使っている管理システムで顧客管理や勤怠管理、入出金などの会計処理のサポートをします。

Jasper Deli 宅配システム(テントクリーニング.com ネットで洗濯.com 大量クリーニング.comの注文管理)

Jasper Siv = スタッフ向けにシフトや売上・成績を表示するシステムで、名称は「ひよこ」にしています。ひよこはそれ以外にも、シフトの自動作成を行ったり、オフィシャルサイトのランキング計算などを常時行っているシステムでもあります。

shop open cleaning  クリーニングPOSレジのおすすめ商品について %tag

 

Jasper ジャスパーって何?ってことなんですが、僕が新卒で入社した会社で呼ばれていたあだ名です。

「じゃすぱー、2時から打合せだから」とか普通に言われてました。

一番最初にやった仕事が、FX取引結果の帳票出力を開発することになって、帳票を作るアプリというかライブラリっていうのがJasper Report(ジャスパー・レポート)という名前でして。

全然 使い方が分からないから、先輩にJasper Reportってなんですか?って聞いたら、「キミは今日からジャスパーだ」って意味不明に決定しました。

 

No. 1767


スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!