クリーニングのプロが教える就活用スーツの選び方


クリーニングのプロが教える就活で選ぶべきスーツの話です。

就職活動で必須のスーツですがどういう観点で選べばいいのか。

いろいろ悩むことでしょう。

今回はクリーニング屋のプロとしての観点で選ぶ際の具体的なアドバイスをしていきます。

素材は化学繊維混合のリーズナブルなものを選ぼう

スーツには素材が化学繊維、ポリエステルなどで出来た素材とウールで出来たものがあります。

ポリエステルなどの化学繊維を含む素材は安価であり、ウール素材、またその中でも上質なウールを使っているものは高価です。

就活生にとって化学繊維を含むスーツを選んだほうが良いでしょう。

それはポリなどを含む化学繊維混毛のスーツは型崩れがしにくく、ウールとは違い伸縮性などがあるので普段着慣れないスーツに疲れにくいという利点があります。

僕がおすすめなのがストレッチ素材のスーツです。これは本当に疲れない。

大手量販店でも一時はブームで売っていたけど今は売っているかな?

僕はコムサのストレッチスーツが気に入っていました。学生時代に購入後も唯一使い続けた逸品です。

当時はストレッチの効いたスーツはどこにも売っていなくて、コムサのデザインスーツとして売り出されたものですが、その着心地は最高でした。僕の体重が10kg増になった社会人でも対応できた唯一のスーツ(笑)


スポンサーリンク

安いから悪いわけではない化学繊維

一般的なイメージとして安価な化学繊維はチープなイメージがありますが、ポリエステルなどの素材は耐久性が高く、色の定着も強く、適度な伸縮性もある上に生産性も容易なことから洋服に適した素材であることを是非認識してほしいです。化学製品だから悪い、天然素材のウールやシルクが良いではなくそれぞれ素材の特徴があるということなんです。天然素材の欠点を補ってできた化学繊維の能力が高いのは必然であります。

リクルート用スーツを購入しなくてもいい。自分の好みで選ぼう

結論から言うと、黒ベースならストライプが入っていてもなんでもそんな問題ない。自分の好みでOK。

recruit  クリーニングのプロが教える就活用スーツの選び方 %tag

※2006年の写真なので19歳 なので量販店スーツ 10年前って・・・

完全なリクルートスーツは子供っぽく見えるし、僕が就活したときはダサくて真っ黒のスーツは着なかったです。もちろん企業の中ではブラックスーツじゃないとだめだよね!っていう古臭いダサい考えの会社もあると思いますが、僕自身の価値観とその企業の社風がマッチするかどうかがはっきり分かるのでいいことだと思います。なので好みで選べばいいと思います。

また、就活用スーツを選ぶべきか就職後も使えるスーツを選ぶべきかという悩みもありまが、実際働いてみないとその場所に合ったスーツが分からないことと、働きだすと自分のスーツに対する知識も一気に増えるので学生時代に選んだスーツはどんなものであれ、だいたいが好みが変わり着なくなります。つまり、就活時=学生時代に購入したスーツは結局は長く着用することはないので好みで選べばいいと思います。

AOKI、青山で購入しよう

なぜ大手量販店がよいかというと、すべてのアイテムが機能的だからです。

ビジネスシューズ一つをとっても最高級ブランドのベルルッティの革靴なんて履いてみてください。

1足20万近くしますが、雨の日なんかは靴の裏に溝がないので氷の上を歩くように滑りやすく危険なシューズになります。

一方量販店のビジネスシューズは靴底がラバー製になっていてグリップが効きます。雨の日にも強いです。

そういうものは安価でかっこ悪い部分はありますが、靴としての機能を考えたらそういうものは1足はほしいですし、何足も買い揃えられないならまずは機能的な靴を選ぶべきです。

僕も学生時代から10年ぐらい愛用しているバーバリーのレイン用のビジネスシューズは2万円くらいとリーズナブルですが重宝しています。

あとは価格の問題で、トータル2万円も出せばYシャツからベルト、靴まで一式揃うでしょう。ちなみに量販店は値引きできるので必ずしましょうね。

個人的なイメージですが、学生時代は量販店からはじまって、社会人になってちょっとダサいなって思って、この業界で働きだして、リーズナブルでモノはいいものという認識になって量販店でもいいじゃんって思います。サビローとかヒルトンとか各社高級ブランドも取り扱っていますしね。

ただ、AOKIは若者向けなのか裏地に遊び心があって、それがチープ感があって僕は青山のヒルトンシリーズがベーシックで好きです。

ツーパンツセットを購入しよう。

上着とズボンのセット販売が基本ですが、中には上着1着に対して2着のズボンが付いてくるセットがあります。また、交渉次第で値引き価格で2本目を付けてくれます。クリーニングに出している時間がないくらい立て込んだ就活スケジュール。学校にスーツを着て授業を受けてその足で説明会にいくことが多いのでパンツはシワシワになります。替えの1本があるととても心強いですよ。

スーツ遍歴をまとめたよ。

最後に僕のスーツの購入履歴をまとめてみました。

18歳:大学生入学時に1着

青山でスーツ一式とYシャツ一式2万円

19歳:講演を聞きに行ったりするために3着

AOKIでスーツ上下3組を値引きしまくって3万、1組1万これは激安

20歳:成人式に1着

丸井のASMかTETOでスーツ上下4万、バイト代全突っ込み

就活前後に3着

丸井のコムサでスーツ上下4万x3組、バイト代全突っ込み

働きだして5着

カルバンクラインのスーツ上下5万

これらにYシャツも最初は4000円スタートから、凝りだすとアローズやバーニーズのYシャツで10000円~15000円に。靴やベルト、ネクタイ、ソックスや鞄など仕事するための制服をそろえるのにはお金がかかります。

 

是非、値段だけではなくて素材の良さとこれから変わるであろう自分の好みも踏まえた上で最良のスーツ選びを楽しんで頂ければと思います。

No. 1745


スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!