「革靴の丸洗い」「革靴の修理」を承っております。



 

革靴は、肌と同じようにケアが必要です。

毎日洗顔をして、化粧水をつけるように、革靴も汚れを落として、栄養を与えることが

長く履ける秘訣となります。

 

ケアとして、日頃はブラッシング等で汚れを落としたり、クリームなどで磨いたりすることで

十分だと思いますが、あくまでも革の表面の話です。

日頃の手入れで、革靴の表面が汚れてしまったとしても、ワックスの効果でブラッシングや

ふき取りなどで綺麗に落とすことが可能です。

しかし、表面は綺麗でも臭い靴はありませんか?

靴は足からの汗をたくさん吸収していますので、この汗が臭いの原因となり、

靴の寿命を縮めてしまいます。 消臭スプレーなど、臭いの対策はありますが、あくまでも

臭いに蓋をするだけなので、根本的な解決にはなりません。

ヨンマルサンでは、オゾン水による革靴の丸洗いを行っております!!

オゾン水なので、消臭と殺菌効果があります。

 

クリーニングにより、表面の光沢感が全然違うことは、写真でお伝えできますし、

正直なところ、表面については、自分で徹底的に磨きあげれば、写真のような仕上がりを作ることが

できるかもしれません。 ですが、さすがに丸洗いは・・・無理ですよね。

一番実感頂きたい、履き心地と消臭効果については、写真ではお伝えできないので、

是非、これはクリーニングをお試しください。

クリーニング料金は4,000円(税別)です。右がクリーニング後

 

また、修理で一番ご依頼が多いのは、やはりカカト部分です。

写真ぐらいまですり減ってしまったら、修理をお願いします。

これ以上すり減ってしまうと、ソール全体の交換が必要になる等、修理費用が高額になります。

右が修正後

カカト修理は2,500円(税別)です。

 

婦人靴については、クリーニング料金は同じく4,000円(税別)でございます。

エスカレーター、階段、ちょっとした段差や車からの乗り降り等で思わずヒールをひっかけてしまい

傷が入った、または革が破れてしまった、ということは結構あると思います。

その際には、ヒール巻交換を6,800円(税別)で承っております。

 

スラッとかっこよく立ちポーズを決めても、カカトが傷ついていたら台無しですよね。

そのほか、靴の修理としては、リフト巻交換3,000円(税別)、つま先の底補強2,500円(税別)、

つま先補強1,500円(税別)中敷き交換1,500円(税別)、ソール交換2,500円(税別)、

オールソール交換 合皮16,000円(税別) 皮25,000円(税別)等です。

 

普通のスニーカーであれば、コインランドリーにある靴の洗濯機で

洗うことを一番お勧めします。 たったの200円で見事な仕上がりです。

革のスニーカーですと、さすがにコイン洗濯機はできませんので、クリーニングへ・・・

4,000円(税別)でオゾン水で丸洗い! 仕上がりは、ここまで綺麗によみがえります。

 

 

オシャレは足元から。

是非、きちんとしたケアで、靴を長持ちさせてください!

No. 1745

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!