楽天市場の宅配クリーニング大炎上問題で同じ被害を遭わないために



今年10月ごろから、楽天市場で注文した某宅配クリーニングが期限を過ぎても戻ってこない!

ということで大炎上の騒ぎになっている件です。

この問題は業界新聞でも話題になりました。

事の発端と経緯

ニュースにもなっているので会社名を伏せずに伝えますが、白洋舍株式会社の大黒クリーニングが、今年の繁忙期に楽天市場にて衣類詰め放題10点3300円税込・送料無料を売り出した。

一部報道では数日で6000万円、点数でいうと17万点を集めたらしい。

 

納期である10月~11月になっても品物が届かない利用者が出始め、大黒クリーニングに対して問い合わせ・批判が集まり、品物の返品処理・ポイント付与などを行うと一方的に通達。

12月現在では楽天市場・会社HPは謝罪文のみの掲載となり連絡不能となり、今だ利用者の中には品物が返品されていない人もいる。連絡不能になったことでブログ・SNSで大炎上。

白洋舍株式会社 大黒クリーニングはどんな会社なのか?

多くの人が誤解するような会社名ではあるが、東証一部上場・日本一売り上げる株式会社白洋舍とはまったく関係のない会社であり、しかも大黒クリーニングという大阪の会社とも関係ない。かなり紛らわしい名前ではあるが、愛媛県にあるクリーニング屋さんのようです。

グーグルマップを見る限り、大黒クリーニングというのは楽天市場用のいわゆるサービス名

みたいなもの。ウチでいうと株式会社403のテントクリーニング.comみたいな関係。

批判の中には紛らわしい名を利用して悪質だ!とか書かれていますが、クリーニング業界は昔のれん分け制度みたいなものが多くて、修業したクリーニング店の屋号を頂戴することが多くありました。だから白洋舍という名や、白栄舎のような一字違いのクリーニング店は多くあります。わざとではないと思います。が、

本家にはご迷惑をかけてしまったようですね

このような被害に遭わないために利用者が気をつける事

今回の問題は、大量の衣類が集まって処理しきれないために起きた問題です。

このような問題を避けるために気を付けるべきポイントは「大手クリーニング店」なのかどうかです。

大手クリーニングである目安は20億円規模、店舗数200店

まず、今回の大黒クリーニングのように工場を見る限り多くても2億円、1.5億円ぐらいの会社のところに数日で6000万の仕事、しかも点単価は安いのでたぶん一年の仕事量の8割増しの量が来た感覚なのではないでしょうか?

普通に考えて無理です処理しきれません。そうはいっても送料や楽天のシステム料を払うと1点200円の仕事を他のクリーニング店にお願いすることもできないし、クリーニングしないで返品したら送料分だけ赤字になる。預かった時点で無理だと分かっていてもどうすることもできず、期限まで精一杯やったというのが本当のところなんじゃないんでしょうか?

今の楽天市場の宅配クリーニングランキングを見ると「ママクリーニング小野寺よ」 さんが一位になっています。300店舗を構えているそうなので20億~30億ぐらいはやってるはずです。今回のような大量注文が集中しても1億、2億ぐらいなら無理なくさばく力があるのではないでしょうか?

 

また、大手ではなくても宅配クリーニングの業界トップのリネットさんやせんたく便さん、フランス屋さん、エンパイアさん(ごめんなさい 全部超大手でした・・・)を利用するもの手です。

リネットさんなんかは、繁忙期は注文受付を停止したりして、提携工場と生産計画をしっかり立ててこういうトラブルをうまく避けている印象があります。会員数15万人突破は伊達ではないということですね。

数年前に起きた激安おせち通販問題に似ていますとどこかのサイトにも書かれていましたが本当にそうですね。

グルーポンというサイトで格安おせちがイメージ写真と大きく違って質の低いぐちゃぐちゃのおせちが届いて大騒ぎになった件です。

楽天市場のように低価格で出品すれば品物がドカンと集まるうまみありますが、それをさばける生産性のある大手さんしかやれないということですね。

この一件で中小企業は安易に宅配クリーニングを行うことはなくなってくるのではないでしょうか。

 


No. 1706

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!