本社2Fで稲盛流コンパ



 

今日は本社2Fで、手作りコンパを行いました!

コンパとはお互いを知る場でもあり、否定的な意見はご法度、建設的な意見をいう場です。

 

かなさんに国母を任せて、エースのおやつと一緒にコンパに参加しました!

今回のテーマは「閑散期をどう過ごすのか」です。

 

いた、俺。

工場では毎年恒例のように生産性の話になりまして、社長からアドバイスが飛びます。

想像できると思いますが、社長のハバネロ級の刺激的なコメントに対して、専務が「そういう言葉使うな!」って顔してピリピリしている定番の構図はさて置いて。

創意工夫をもう少ししましょうね(・ω<)★★ と。 

仕上げはアイロンをかけることじゃなくて仕上げること。品質を保つ中で最少の作業にとどめる工夫を施す必要があって、そのヒントをあつく語っていました。

言葉はハバネロ級に刺激的だけど、大事なこといってたよー。みんなメモしてたかなー!!!

 

例えばYシャツで人時58、ス40、ブ30、上60の各ポジションの最低こなしてもらいたい人時についてですが、誰でも簡単に出来るっていいますが、その通りなんですよ。

遅い人はずっと遅い、毎月目標を立てるんだけどずっと遅いんです。

それはYシャツの身頃が縮んでいるやつは最初に万能を踏んでなんてトリッキーなことやっても遅いんです。

この人時いかない人は全体的にスローペース、仕上げることをアイロンをかけることだと思っているという2つが問題なんです。

まずスローペースを直すには、動画とかとって自分の動きと、人時出せている人の動きを比べれば分かります。自分の作業のイメージを引きづっているとずっと遅いです。甲府の工場スタッフに宮チの動きを見せてこれ通りにやって。といったら40後半から56ぐらいまで一気に行きました。大体はこれがなおれば、おっそ!!からうーん、おそ!レベルまでいけます。

次に仕上げは、仕上げることでアイロンをかければいいということではないということです。仕上げるんです。アイロンよりもほこりをとることに時間を割いたり、畳方を工夫するなど商品によって違います。想像力を働かせます。これも他の人の仕上げ動画とか見てれば分かります。これで(゜-゜)レベルになれます。

 

宮チのようにこの上を目指すような場合は、今日社長が仰れたような考え方と工夫の積み重ねで達成できるのではないかと思いました。

ちなみに、今日のメニューはいつもの煮卵、からあげ、串カツ、とんじる、炊き込みご飯、サラダ、刺身。

これで1000円ってやすすぎや!コスパ最強!うまいし、静かだし、

 

ということで、しらすさん。もちろん流しも直しも入れて人時60のYシャツの仕上げはこちらの動画をみてください。いいですか、工場のみなさん、しらすさんが人時60いっていなかったら間違いなくこの動画みてませんよーーー。そのときはグーパンチです(・ω<) 

国母スタッフはYシャツやる人がいま4名います。みんな練習でやりたいけど、やれません。なのでお互いの動画を見てチェックして、仕上げに入れないときでも勉強しています。

 

受付は滝口主任のような元気のある愛想のよい接客をしましょうとのことでした。

本店でも洗い場まで「いらっしゃいませ!」の声が届くのは滝口主任だけとのことで、

おい!若手!がんばろーぜ!と。

みちこさんは非常に有意義で学び多いコンパだ!と感激しておりました!そして来月くるのはすげーしぶってました(笑) 来いよ!by 宮下

 

タグが取れそうとか、ポケットをはらいわすれたとか・・・いろいろなミスをなくしたい!との発表がありました。

これに対して、ミスをなくしたいというか、仕事というのはバケツリレーのようになっていて、自分の手元の仕事にミスがあると次の人、そのまた次の人に迷惑がかかる。人に迷惑をかけてはいけない、相手のことを思いやる本当の優しさがまずないのではないか!?という本質を突くようなアドバイスを頂きました。

思いやり、本当の優しさがある人はミスをしない。それを続ける人はやはりそういう根本的な心のありようが問題なのかもしれませんとのことで、非常に勉強になりました。

 

先輩や社員は、当然ミスをするしないというレベルではなくて、ミスする人がいたらそれに気づいてフォローするのが当たり前です。

はい、想像してみてくださいー。

うちの社長が、Yシャツ人時40枚しかできなくて、 みやしたさーん明日も出勤して― って言ってたらおかしいでしょ!

うちの専務が、タグ付け忘れて、渡し間違いをして、礼服とスーツの違いも分からない っておかしいでしょ!

それとおんなじなんです。先輩や社員も同じように後輩やお客さんから見られています。もっと高いレベルの仕事をがんばっていきましょう!

 

と、言う中で、ひとり串カツ食べ放題のひろやまさん。

今日、テーマについて発表した中で、社長からハバネロが飛び出した方々はラッキーピエロです。

普通に生きていたらハバネロ食べる機会はありませんからね。

 

 

専務の40歳の誕生日パーティを最後行いました。

 

 

この嬉しいときの定番のリアクション。

「おぇー」のポーズ。

 

 

ハバネロ20個ぐらい口に突っ込まれた直後のハッピーバースデーソングを柏木さん。

 

 

みんなからのプレゼントありがとう!

社長からはみんなに愛情たっぷりのハバネロだよ!

 

こんな感じで、道子さんが次回の参加をかなりしぶっていたハバネロを食べる会は、本社2Fで毎月行われております!

 

 

 

コンパについて興味のある方は、【稲盛流コンパ 最強組織をつくる究極の飲み会】の著書をお買い求めください。弊社の事例も詳細に掲載されております。
No. 1662

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!