礼服・喪服をクリーニングする頻度と長持ちのポイントを徹底解説!



 

よくお客様から「礼服をクリーニングする頻度と長持ちの秘訣」について問い合せを受けます。

結論から言います。礼服をクリーニングに出す頻度は、


スポンサーリンク

喪主や親族なら1回でクリーニング、それ以外なら3回に1度のクリーニング

で十分です。

よくある記事では必ず1回来たらすぐにクリーニング!でないとカビが発生する!と謳っているサイトが乱立していますが、着たらカビが発生する原理って何?って不思議に思いませんか?

カビが発生しやすい衣類ランキング

1位:帽子

2位:スーツ

3位:礼服

つまり、肌に密着させて汗を吸いやすく、しかも家庭で洗濯できないものがカビが発生しやすいというのが共通点です。

長い間クリーニングの仕事に携わっていますが、Tシャツにカビが生えて困った人というのは非常に少ないです。

肌に触れて汗を吸う衣類でも家庭で洗濯するような普段着はカビが発生しにくいです。

もっと面白いのが、風通しの良いところに保管してくださいっていうクリーニング屋さんのうたい文句ですが、みなさんの家でスーツと普段着は同じ場所に保管してあるはずですよね。それでスーツだけカビが生えるってのはやはり風通しだけが原因ではないようです。もしカビが大量発生する保管場所なら普段着も・・・、というより生命の危機ですよ!

悠長にカビとらなきゃ~~♪ なんて言ってる場合じゃない(笑)

 

スーツだから、礼服だからカビが発生しやすい!すぐにクリーニング!は間違いではないんですがね・・・。

こうならないうちに・・・ね!

話は戻りますが、つまりどのくらいの時間着用していたのかという点と、スーツのように頻繁に着るものではないので保管コンディションは悪いという点を考慮してのご提案です。

喪主や親族のように1日フルに着用する場合は問答無用でクリーニングでしょうね。

ダークスーツのひざ裏の折れじわとかかっこわるすぎますし、このクリーニング代をケチっても、次着用するときにカビ取りも合わせたクリーニング代を払うことを考えるとどっちがいいでしょうか?

ちなみに、カビ取りも即日で仕上げれるのは山梨県内ではクリーニング403だけですよ。

 

それ以外の人は、お葬式に行って帰っての計1,2時間程度でしょ。それなら最長で3回まで、2回ぐらいでもいいかも。

 

もちろん、汗を大量にかいた、土砂降りの雨に濡れた 場合はすぐに出すべきです。

 

なんで通常のクリーニングでカビが発生しないの?

カビ関連の記事を見ていればちょっとした疑問が湧くはずです。

カビ取り加工は通常のクリーニング代金の1.5倍~2倍ほど頂戴しています。

それはカビを取り除くには水洗いを行わないといけないこと。

礼服に水洗いすると縮みやシワが発生するリスクが高く、それを復元しながら仕上げる手間と技術が必要なためです。

気づきましたか?

通常礼服のクリーニングは油であらいます。ドライクリーニングってやつです。

カビに強い水洗いではなくて、ドライクリーニングでカビの発生が抑えれるのはなぜ?

はい。カビの原因は汗ですよね?汗は水分と皮脂+α(アンモニアとか)です。

確かにドライクリーニングは汗の成分を完全に取り除くことはできませんが、汗の水分と油分は結構取れます。ドライ → パサパサした感じのイメージで伝わりますか?

湿った状態が好きなカビさんなので、発生を抑制することができるのです。

余談ですが、クリーニングだしたらスラックスが固くなったというのは、汗の成分の水分がドライクリーニングで抜けて、固形成分が残ったために固くなったのです。そんなお客様には次回は汗抜きオススメといってあげてください。

 

クリーニングの専門集団が提供する本物のクリーニングサービス

ネットで洗濯.com」をご利用ください。

あたなのライフスタイルをかえてくれるはずです。

 

No. 1645

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!