クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策-


 

試験の申し込みを済ませたらあとは試験勉強を行うだけですね!

さて、クリーニング師の試験の前に、事前講習会というのがあるのをご存知ですか?

この講習会は、実際の試験内容がどういったものか教えてくれることと、学科と実技の両方の講習を行ってくれます。

値段はだいたい クリーニング組合員で15000円~20000円、非会員は30000円~40000円とそれなりに高額です。クリーニング教本や過去問もくれますが、試験2週間前に行われるのでちょっとドキドキです。

むか~し、むかしは学科の試験内容などを結構ピンポイントで教えてくれたりしたそうですが、今は公平に教科書全般の解説程度となっています。

 

Yシャツのアイロンがけなどは試験会場で同じ条件でレクチャーしてくれるので、周りにクリーニング師の友達がいない人は是非一度受けたほうがいいと思います。

 

学科の試験対策についてです。クリーニング教本は絶対に買いましょう。買わないと勉強できませんからね。

今は取り扱いがないみたいです。価格が高騰しているので、

 

こちらのほうでも事足りると思います。過去問と見比べて出ていない範囲のものは検索して調べるレベルで十分対応が可能だと思います。

クリーニング教本からの出題がメインですので、それ以外の出題もありますが捨ててかまいません。

学科は3択の選択問題になります。

平成28年度 静岡県の過去問を例に開設行きます。

クリーニング業法は基本中の基本で必ず出ます。大体30問中3問から5問と配点が高く、覚えやすいので必ずおさえておきましょう。

cleaning master  クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策- %tag

 

数字のところは要チェックです。試験問題を作る側の視点に立てば、数字をいじるだけで問題が作りやすいのでこういう箇所は必ず覚えましょう。

cleaning master  クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策- %tag

 

 

何年以内に研修を受けなければならないなどの箇所は同様にチェックが必要です。

cleaning master  クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策- %tag

 

 

これも同じですね。何度以上、何分と数字の書かれている箇所はマーカーをひいて必ず覚えるようにしましょう。

cleaning master  クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策- %tag

 

 

繊維の基本的な特徴も必ず出ますのでチェックが必要です。

この辺は試験だけではなく、実務でも勉強になりますから覚えておいて損はない箇所となります。

cleaning master  クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策- %tag

 

 

これは必ずでます。

五大繊維の特徴です。繊維鑑別などの試験が行われることもあるでしょうから、合わせて生地の特徴も覚えておきましょう。

cleaning master  クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策- %tag

 

 

界面張力とはなにか知っている人も少ないじゃないんですか?ただの試験問題として丸暗記するだけではなくて言葉の意味もおさえていくと記憶に残ります。

cleaning master  クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策- %tag

 

 

このように各都道府県、3年から5年ほど過去問を掲載していますから、自主的に勉強することはいくらでもできます。

過去問をたくさんこなすことが合格への早道です。

トータル勉強時間は10時間もあれば十分に覚えれる内容なので一夜漬けでも間に合います。

cleaning master  クリーニング師試験 勉強方法 -学科対策- %tag

 

ポイントは教本は読むだけで、暗記せずにすぐに過去問に取り組むこと。

5年分もやれば 重複して出てくる箇所が分かるはずです。

その後に教本をもう一度読み直して出そうなところを暗記していきます。

特に数字が使われている箇所や、法律、免許取得後の再発行手続きや失効する条件などはかなりの頻度で出題されますので覚えてください。

教本260ページ中、出てくるところは100ページぐらいです。ページ数にすれば多いように感じますが、

他の資格試験よりかなり楽です。中学校の期末テストの1教科分の出題範囲と同じくらいです。

合格点は60%の上、3択な訳ですから楽なほうです。心配しなくて大丈夫です。

マダムがコーヒーブレイクして、昼寝をしながら勉強しても大丈夫!

次回は難しい実技試験について解説していきます。

受験編

実技編

 

No. 1184


スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!