一度は行ってみたい世界のクリーニング店



こんにちは、篤です。

トピックス担当者として、何かのまとめ情報を発信したいと思っていました。

何かその手の情報に通な感じでかっこいいという不純な動機からですが。。。

 

 

日本のクリーニング屋さんというのは、200m先からお店を見てもクリーニング店と分かるほど固定化されていますよね。

世界に目を向けると えっ? というようなクリーニング屋さんはたくさんあるようです。

 

それではさっそく紹介していきますね。

 

1.Maurice Dry Cleaners (オーストラリア シドニー)

MauriceDryCleaners

かなりデザイン性がある店内ですが、この衣類のストック場所の少なさは・・・

 

MauriceDryCleaners (2)

店員さんが外人ということもかなり雰囲気出していますよね。海外はあまり制服を着ない傾向があるようです。

メンズ・レディースのYシャツ5点で17ドルのサービス。創業30年と若いクリーニング店。

 

2.Plantengas Cleaners (アメリカ ミシガン州)

Plantenga'sCleaners

入り口は???

1962年創業で、親子3世代で経営しているクリーニング店です。

pickup-door

ここのサービスで面白いのは、無料デリバリーサービス、写真のように玄関先に衣類を入れてつるしておくと集配員がピックアップ!

次のサービスデーに届けてくれて、月次で請求が来るそうです。

大事な衣類を外に放置する勇気さえあればお手軽です。

店頭で面倒なやり取りなし というはいいですよ!

 

 

3.像王クリーニング (中国)

elephantking

ここのギャラリーコーナーを見ると、すべての機械が像王専用に黄色になっている。

創業者のコメントはこちらから。

ちなみに、中国の旧式なクリーニング店は以下のような感じです。

zooh-2-500x417

割とこういうイメージをもっていたのですが、像王は店舗・工場ともに清潔感あふれています。

像王

 

4.Madame Paulette (アメリカ ニューヨーク)

MadamePaulette

衣類以外に、インテリアのクリーニングやリフォームも手掛ける。

Yシャツ1枚で16ドルとスペシャル価格。

マダムポーレット

Yシャツ16ドルって、年間40万円ぐらいなっちゃうよ。

5.jeeves (イギリス ロンドン)

Jeeves of Belgravia

イギリスロンドン発のクリーニング屋さん。

シンガポール、マレーシア、アメリカ、イスタンブール、ジャカルタ、マカオ、香港など世界主要都市に点在するjeeves。

近々、東京に出店する予定もあるそうです。

 

jeevesマレーシア

スーツ上下で16ドルと意外に手の届くお値段。わくわくしちゃう。

JeevesOfシンガポール

どの店舗もおしゃれです。1都市3店舗ぐらいで形成しているようです。

Jeeves

白系、黒系でイメージ店舗があるようです。

6.American Dry Cleaning Company (アメリカ)

american dry cleaning company

Yシャツ3ドル。中身はちょっと残念で、外観だけイケてます。

7.クリーニング403 (日本 山梨)

403

24時間働きます。やる気があるクリーニング屋といったところでしょうか?

 

こうして世界に目を向けるとおしゃれで、面白いクリーニング屋さんはたくさんあります。

日本のクリーニング業界もまだまだ成長の余地ありそうです!

僕のお気に入りは jeeves です。

 

No.1021

No. 1021

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!